布団収納だけじゃモッタイナイ! 押入れを効率よく使ってお洋服を収納する方法

西﨑 瞳

西﨑 瞳

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

押入れに効率よく洋服収納

 

押入れは本来、布団を収納しておくためのものです。新築のお家では和室や押入れを造らないことも多くなってきましたが、まだまだ押入れがあるお家が多いのではないでしょうか。
押入れのサイズは布団を収納するのに適していますが、ちょっとした工夫でお洋服を押入れに収納することができますよ。

そこで今回は押入れを使ったお洋服の収納のアイディアをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

■ 押入れを効率よく使ってお洋服を収納する

押入れは広くて布団以外のモノを収納するのは難しいものです。しかし収納グッズを効率よく利用すれば、お洋服を収納することができます。
押入れをクローゼットのようにして「かける収納」ができる場所を作る、タンスのようにして「たたむ収納」をする場所を作ることも簡単にできますよ。

■「突っ張り棒」を使って、お洋服をかける

押入れにはハンガーをかける場所はありません。
そこで、押入れの横幅に合うサイズの「突っ張り棒」を使ってハンガーをかける場所を作りましょう。押入れの横幅は長いですので、かなりたくさんのお洋服をかけることができます。奥行きに合わせて前後に突っ張ることもできますよ。

突っ張り棒を選ぶ時は、「耐荷重」=突っ張り棒がお洋服に耐えられる重さかどうか、を確認して用意してくださいね。突っ張る力が強力なもの、突っ張り棒を支える専用の棒などもあります。多少コストはかかりますが、お洋服の重みで突っ張り棒が落ちることがなくなり、長く使うことができますよ。

■「脚付きのハンガーポール」を使って、お洋服をかける

突っ張り棒以外にも、脚付きのハンガーポールを押入れに入れることもできます。
脚があるのでポールが自立していて、お洋服をたくさんかけても、とても安定感がありしっかりしていますよ。
ただし、構造上場所をとったり、押入れの幅ピッタリに納まらなかったりして、デッドスペースができてしまいます。少しでも多く押入れにモノを収納したい場合は、突っ張り棒の方が場所をとらず、スマートに収納できます。

■「押入れ用の引き出しケース」を使って立てて収納すると、全体量が把握できる

タンスに入れるようなたたむお洋服も、押入れの奥行きピッタリに収納できる引き出しケースを使って、押入れに収納することができますよ。引き出しケースはホームセンターなどで購入することができます。お家によっては押入れの奥行きと幅が多少違うので、押入れのサイズをしっかり測ってから購入してくださいね。押入れの奥行たっぷりに引き出しがあるので、収納量はとてもあります。

たたんだお洋服を収納するときには立てて収納することで、全体量が把握しやすくなり、着たいお洋服がすぐに見つけることができます。

●引き出しケースは前後に分けて収納し、衣替えを簡単にする

押入れ用の引き出しケースは奥行80㎝近くあり深いです。
引き出しケースの中の空間は前後に分けて使ってみましょう。
例えば、手前にはオンシーズンのモノを、奥にはオフシーズンのモノを収納します。手前には普段使うお洋服だけが入っているので、取り出すのがとても楽ですね。衣替えの季節には前後を入れ替えるだけで、簡単にお洋服を入れ替えることができますよ。 

●引き出しケースは100円ショップのアイテムで仕切ると、お洋服が迷子にならない

押し入れ用の引き出しケースは空間がとても広いため、そのままお洋服を収納すると乱れやすいです。前後に分けて使う方法以外に、100円ショップのカゴなどを使って空間を仕切る方法もあります。仕切ることで、お洋服の居場所がはっきりし、靴下やハンカチ・子ども服など小さいモノを細かく収納することができますよ。

■1度着たお洋服の「一時置きスペース」を、かける収納の下に設ける

季節柄、夏は汗をかくのでお洋服は毎回洗濯することが多いですが、1年を通してみてみると、1度着てもすぐに洗わないお洋服もありますよね。
そういったお洋服の置き場所も押入れに作ってみましょう。
もう一度着るお洋服ですので、しまい込むよりも、カゴや蓋なしのボックスの収納がおススメです。次に着る時にサッと取り出せていいですよ。カゴやボックスは押入れの上段のかける収納の下の空いたスペースに設けると使いやすいですね。

 

いかがでしたか。
お洋服は家具に収納する方法ももちろん良いのですが、例えばマンションの様に住居スペースが限られた空間の場合、お部屋を狭くしてしまう家具はなるべく置きたくないですよね。
押入れを工夫してお洋服が収納できると、タンスやクローゼットをいくつか減らすことができますよ。ぜひ、お試しくださいね。

西﨑 瞳
この記事を書いた専門家:西﨑 瞳

やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』

整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ:悠々閑閑~整理と収納のコツ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!