洗面所で最も使いにくい「洗面台下の空間」を上手く使える便利グッズ4選

西﨑 瞳

西﨑 瞳

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

洗面台下収納

洗面台は収納も工夫されていて、たくさん収納できるものが多いですね。
ところが、洗面台の下の空間はどうでしょう。仕切りもなく、広い空間です。洗剤のボトルやシャンプーのストックなどを直接並べるだけの収納をしていたり、収納グッズで工夫してみても、何だかしっくりこない場所ではないでしょうか。

そこで今回は、洗面台の中でも最も使いにくい、洗面台下の空間を上手に使える便利グッズをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.「ファイルボックス」で奥のモノも取り出しやすく

ファイルボックスは、書類やファイル等を収納するための事務用品ですが、洗面台下の空間でも十分に使えます。
ファイルボックスは縦に並べてみましょう。こうすることで、奥のモノも、ファイルボックスを引き出すだけで取り出せますよ。収納するモノは、洗濯洗剤やお風呂用の洗剤など、高さのあるモノが適しています。

更にファイルボックスごとに「洗濯用」「お風呂用」というように、グループに分けると探す手間も大幅に減ります。ラベルも貼って、どこに何があるか見てわかるようにしてみて下さいね。

■2.「突っ張り棒」を使って、スプレーボトルは吊るして

洗面台の種類にもよりますが、洗面台下の上部の隙間を使って「突っ張り棒」を前後に突っ張ることができます。写真の突っ張り棒は、開閉する扉の少し上の部分を利用しています。突っ張り棒のサイズは、洗面台の奥行きに合うものをご用意くださいね。

ここにはスプレータイプの洗剤ボトルを引っ掛けると便利です。使いたいときは、扉を開けてサッと取り出すことができるので、よく使うモノを掛けると家事効率もグンとアップしますよ。

■3. 「引き出しケース」は、1つの引き出し=1分類のルールで

「引き出しケース」を使って、細かいモノの収納場所を作ってみましょう。
歯ブラシや糸ようじなどのストックやヘアグッズなど、洗面所で使う細かいモノも、洗面台の下の空間に収納することができます。

引出しをスッキリ使うためにも、「1つの引き出し=1分類」とルールを決めると、ごちゃごちゃすることはありません。家族で使う場合は、引き出し1つ分を1人分の小物入れとして、人別に使ってもいいですね。
引出しの中を、四角いケースなどで区切ると更に使いやすくなりますよ。「引き出しケース」はホームセンターなどの事務用品コーナーで手に入ります。洗面台の奥行きと高さをしっかり確認して、探してみて下さいね。 

■4.「コの字ラック」で空間を上下に仕切り、空間を無駄無く使う

小さなモノなどを直接置いて収納したい場合、上の方に空間ができてしまうことがあります。そういう時は「コの字ラック」を使ってみましょう。コの字ラックとは棚と足でできたコの字型のラックのことです。空間を上下に仕切ることができ、空間を無駄なく使うことができます。洗面台下の高さを確認して合うサイズを用意して下さいね。

「コの字ラック」は、そのまま棚のように使うこともできますし、さらに100円ショップなどのカゴをのせると空間を仕切ることができ、取り出しやすくより使いやすくなりますよ。

 

いかがでしたか。
使いにくい洗面台下の空間も、便利グッズを上手に使い分けるとスッキリと使いやすくなります。収納したいモノに合わせて収納用品を選ぶとよりキレイに納まりますよ。ぜひ、自分好みの収納を作ってみてくださいね。

 

スポンサードリンク

西﨑 瞳
この記事を書いた専門家:西﨑 瞳

やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』

整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ:悠々閑閑~整理と収納のコツ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!