ママ必見!衣替えで子供服を捨てる6つのポイント

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

 

子供服衣替え

 

最近朝夕が涼しくなってきましたね。
お子様の運動会が終わったら、そろそろ秋→冬の衣替えをしなくちゃと思われている方も多いのでは。
この時期頭を悩ませるのが、増え続ける子供服の整理ですよね。もう捨てようかな?でも来年も着れるかしら?…と毎年処分するかどうか、迷ってしまうもの。
今年こそスムーズに済ませたい!と思われるママ向けに、子供服の捨てる?捨てない?の基準を、6つのポイントにまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

1. サイズをチェック。今年ピッタリもしくはキツイ!は処分

子供の年齢が小さいほど、今ぴったりサイズの服は来年にはサイズアウトして着られない事がほとんどです。
今年ピッタリで着ていた、もしくはキツイと感じる服は処分しましょう。
まだ綺麗な状態の服だと、友達に譲る、オークションやリサイクルショップに出すなどの方法もあります。

 

2. 服の汚れ。洗ってもとれない服は処分

汗じみや泥汚れは時間が経過すると黄ばみになりやすいものです。
汚れが付いた服は相手にも清潔感のない印象を与えてしまいます。洗ってもとれないシミや汚れがついてしまった服は、まだ着られるかな?と感じても、思い切って処分がおススメです。

 

3. ヨレや色あせは目立ってきてない?頻繁にきた服は処分しましょう

頻繁に着た服は、自分では気が付かないうちに案外ヨレや色あせが目立ってきています。
首回りの伸びや袖のスレ・ほつれ、またゴム部分の伸びがないかどうかをチェックしてみて下さい。当てはまる所がある服は、寿命と思って処分して問題ありません。

 

4. 流行りのデザインの服は処分。実は子供服にもトレンドがあります

大人の服にトレンドがあるように、子供服にも実はトレンドがあります。
今年の流行の服は、来年になると流行遅れになって持っていても着られない事があるので、今季限りで処分です。空いたスペースは、新しい服のスペースとして使うこともできますよね。

 

5. あまり着なかった服は、来シーズン着たいかどうか?子供に聞いて判断

あまり着なかった理由は何でしょう?
合わせにくい?着心地が悪い?誰かと同じ服?子供に直接聞いてみるのがいいですね。
親の意思とは反して、子供自身に「この服嫌い…」という理由がある場合もあります。着る本人が来年も着たいと答えれば保管。その反対なら処分です。

 

6. 保管するケースと照らし合わせて考える。

子供服の場合は自分で買うだけではなくお祝いやお下がりとして頂く機会がとても多いもの。
すべての服を着て、またストックしていくのは不可能です。
ご自宅の収納スペースを考慮して「保管する量はこれだけ」とあらかじめスペースを決めてしまい、あふれた分は思い切って処分しましょう。

 

 

いかがでしたか?
子供服に関しては、兄弟間でのお下さがりに…と思ってとりあえず全てストックしてしまいがちですよね。
性別の違いや本人の好みなども考慮して、減らせる部分は減らして本当に着る服だけを保管しましょう。そうすれば、新しい収納用品を買わなくても今の収納スペースですっきりと収まるはずです。

衣替えの際には、ぜひこの「捨てる基準」を取り入れてみて下さいね。

 

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!