【特集】cataso編集長、お片づけのプロに会いに行く(芝谷 浩さん編 最終回/全3回)

竹内 香予子

竹内 香予子

cataso編集長 整理収納アドバイザー

10707880_351364315030175_1123180785_n

 

スポンサードリンク

 

特集「cataso編集長、お片づけのプロに会いに行く」

 特集「cataso編集長、お片づけのプロに会いに行く」の記念すべき1人目。

 お片づけのノウハウを解説したりお部屋の改善を提案したりする「お片づけのプロ」。雑誌やテレビで見かける機会も増えましたよね。しかし、まだまだ「お片づけのプロ」がどんなお仕事で、一人一人がどんな特技を持っているのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。そこで、元大手新聞社記者でもあるcataso編集長・竹内香予子が、「お片づけのプロ」を訪ね、みなさんの活動を紹介。「お片づけのプロ」の実力を余すことなくご紹介します。3 IMG_9536

 

 今回ご紹介させていただく「お片づけのプロ」は、収納スタイルコーディネーターの芝谷浩さんです。片付けのアドバイス・作業補助サービスだけでなく、全国での収納セミナー、収納講座、テレビや本雑誌まで、お片づけの分野において幅広くご活躍されている芝谷さんですが、3週にわたって全3回にて、その人物像と多彩なお片づけの活動をお伝えしていきます。今回は、その最終回の第3回目になります。

→第1回記事については⇒ http://cataso.jp/idea/1242

→第2回記事については⇒ http://cataso.jp/idea/1274

将来のビジョン

『サービスや情報発信を通じて「お片づけ」のきっかけ作りを』

3 IMG_0229

9個のお片づけの情報サイトを運営

 芝谷浩さんはシーベックス・インテリアのコーポレートサイト以外に、お片づけの考え方を紹介するサイト「図解 収納の基本」やオススメの収納用品を紹介するサイト「収納カタログ」、ご自身のブログ「収納教える.コム」など、合計9個のサイトを運営しています。お片づけの情報を検索したら、必ず芝谷さんのサイトにたどり着く時期があったと言われるほど、多様な切り口で役立つ情報を発信しています。

収納メーカーは沢山あるが、どの商品も違いが分かりづらい

 今後は、さらに情報発信の幅を広げたいと考えています。「いいモノを作っている収納メーカーは沢山あるが、どれも違いが分かりづらいと思います。結局、お客さんは買うときに、安さや見た目とかで選んでいるだけで、このメーカーのモノが欲しいというのがないですよね。でも、本当は同じようなものでも、きらりと光るものがありますよ」と芝谷さん。それぞれの商品の特徴や、似た商品でも状況に応じて使い分けが出来るような情報を発信することで、メーカーと消費者を結びつけようと考えています。

芝谷さんの目指すお片づけのプロの姿とは

 芝谷さんのサイトは、どれも単行本にできるほど、内容も量も豊富ですが、なぜウェブで情報を公開しているのでしょうか。それは、芝谷さんがお片づけは「きっかけ」が大切と考えているからです。  「本来は収納グッズがなくても片づくと思っていますが、ファイル一冊買ってきただけで、片づけようと思うこともあります。お客さんが来るから片づけようという場合もあります。どれがその人にとってスイッチになるか分からないですよね。だからこそ、たくさんの切り口で情報を提供していき、きっかけ作りをしていくのも私の仕事です」

 家庭に赴いてのサービスだけに留まらず、情報発信にも力を注ぎ、「片づけられる力を育む」。それが芝谷さんの目指すお片づけのプロの姿です。

(取材・文/竹内香予子)

 →芝谷 浩さんについて、詳しくはこちら⇒ http://cataso.jp/writer/shibatanihiroshi/

 

10704964_351350711698202_2010164657_n

この記事が気に入ったら今すぐシェア!