“アナタのため”は“ワタシのため”!男子んぐキッチン収納5ポイント

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

男子んぐキッチン収納

「旦那さんにご飯を作ってもらいたいですか?」と女性に質問すると、意外と一番多い答えは「う~ん……微妙……。」それはなぜかと尋ねると、何がどこにあるのかいちいち聞かれたり、作るのは良いけど後片づけまではしてくれなかったり、かえって面倒なことになるからということ。いやいや、オトコ心が分かってませんねえ。

それでは毎日ごはんを作る“主夫”の私の目から見た、男性が使いやすいキッチン収納の改善ポイントをご紹介しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

料理男子は“炒め物シフト”で華麗に舞う!

男性は煮物が苦手。時間がかかるし、味付けはよく分からないし、失敗するリスクが高いからです。だからどうしても炒め物に偏りがち。

そんな男性のために炒め物をするのに必要なモノを中心にキッチンに配置していくのがポイントです。右往左往している間に料理を焦がしてしまわないように、コンロの前から動かずに必要なモノに手が届くのがベストな状態と言えます。
だから、塩、コショウなどはパッと手の届く場所に。フライパンはコンロのすぐ下に置いたり壁に吊り下げて。菜箸やお玉などのキッチンツールは引出の中に整然と並べたり、使用頻度の高いものだけをコンロの近くに立てたり吊るしておくのが良いですね。

 

食材、食器などはひとまとめ&定番化

 「おーい、アレはどこにあるんだ~?」と旦那さんが聞くのはなぜでしょう?
多くの場合、何がどこにあるのかパッと見て分からないからです。食材はあっちにもこっちにも。食器もあっちにもこっちにもこんなところにも。おまけに、増えたモノを空いたスペースに適当に収納して現在に至るようではそれらをどのように分類しているのか推測することもできません。

そうならないようにするには食材や食器などの収納場所をハッキリと決め、モノが増えたからと言って収納場所を増やしたり、違う種類のモノを混在させないこと。また日々よく使う定番アイテムを決め、それらだけでも出し入れしやすい状況を作ることです。

 

収納はぎゅうぎゅう詰めにしないで出し入れ簡単に

システムキッチンや食器棚の中のモノが80%程度になるように常に心掛けましょう。そうすればモノは何がどこにどれくらいあるか把握しやすく、出し入れも簡単になることでしょう。

たとえば引出にモノをぎゅうぎゅう詰めにすると、必ず下のほうに何が入っているのか分からなくなります。また、手前のモノをいくつも出さないと棚の奥のモノが出せないようでは料理をスムーズに作ることはできませんし、それらを元に戻してくれることを期待するのも難しいでしょう。

多くの場合、収納スペースが少ないのではないんです。モノが多すぎるんです。必要なモノの量や種類を見分け、適切な量を維持するようにしましょう。 

 

できるだけ男性の目線の高さかそれ以上に配置する

一般的に、男性は女性よりも身長が高いことが多く、肩幅も広いことが多いですよね。だから体格の良い男性が狭いキッチンで女性のようにスムーズに動くのは難しいのです。

特に下のほうにあるモノを出し入れするのは苦手。大きな体をかがめるには十分なスペースが必要なのです。反対に男性は、女性では手の届かない吊り戸棚なんかも容易に手が届きますから、主に旦那さんが使うモノは目線よりも高い位置に配置するのも一つの方法です。

また、基本的に下の奥のほうに必要なモノを収納するのは避けたほうが良いでしょう。キッチンは限りあるスペースですが、できるだけゆとりあるスペースを確保することで“男子んぐ”できるのです。

 

モノを出しっぱなしにせず調理スペースは広く確保

男性は女性と異なり、複数のことを同時にできません。ほかの家事をしながら料理をすることはもちろん、料理をしながら片づけるのも苦手。複数の料理を同時に作るのも苦手です。そのためひとつの料理を作るたびに、材料や食器などをまず一旦すべて揃えるところから作業を開始します。そうなると広いスペースが必要ですよね。

キッチンの調理台、カウンターの上、ダイニングテーブルの上などは、基本的に何もモノを置かないようにしましょう。

 

 

以上のようなことに気を付けてキッチンの収納を見直すと、男性はすごく料理をしやすくなります。炒め物をしやすいようにモノを配置したり、分かりやすい収納レイアウトにする事で、使ったモノを戻しやすくなるのです。結局、出しにくいから戻しにくく、片づけてくれないのですね。

男性が使いやすいキッチンにすることは女性にとっても使いやすいキッチンにすることに繋がります。炒め物を焦がさずに手早く調理したいのは女性も同じ。定番の食材や食器が決まっていれば、急いで料理を作らないといけないときも対応しやすいですね。そのほかのポイントも同じで、男性が使いやすいということはつまり、誰でも分かりやすく使いやすいということです。“私じゃないと分からないキッチン”をやめれば、旦那さんだけでなくお子さんもお手伝いをしてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら