「ついついモノを置いてしまう」5つのポイントで片付けられない部屋を卒業しよう

西﨑 瞳

西﨑 瞳

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

散らかり部屋を卒業

お家の中や職場で、ついついモノを置いてしまう場所ってありませんか。大抵は無意識に置いていることが多いです。モノを無意識に置きたくなる原因は、人がモノを置きやすい場所があるからです。この場所を意識することで、散らかりにくくすることができますよ。

そこで今回は、ついついモノを置かない、片付けられない部屋を卒業する5つのポイントをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

1.ついついモノを置いてしまう場所を探してみる

無意識にモノを置いてしまう場所にはどんな場所があるでしょう。新聞やチラシ・DM、リモコンなどを置いてしまうダイニングテーブル。やりかけの書類が積まれている事務机。鍵やチラシ・DM、帰ってきたときにパッとモノを置いてしまう玄関のシューズボックスの上。使いかけの食材・調味料や、すぐに使うつもりの空の袋などを置いてしまうキッチンの調理台。紙類や本、家電やお菓子を置きたくなるキッチンカウンター。

自分では見慣れてしまって、気付きにくい場所が多いと思います。一度、お客様になったつもりで、客観的に探してみてください。意外な場所を発見できるかもしれません。客観的に見るのに、写真に撮る方法があります。普段目がいかないところも、写真に撮ると不思議とよく見えて、モノだまりが目につきやすくなります。

 

2.人がモノを置きたくなるのは「腰高」の位置、ここにモノを置く習慣がないか

ダイニングテーブルに事務机、シューズボックスに調理台・キッチンカウンターなど。これらに共通していることは、人が横に立ったときに「腰高」にあり、腰を曲げずに、背伸びもせずに置ける場所にあります。

実は、目線から腰の場所というのは、人がモノを一番置きやすいと言われています。その為、無意識にモノを置きやすく、モノだまりができやすい場所になってしまいます。

 

3.モノを置きやすい場所には指定席を作らず、モノを置かない習慣をつける

テーブルのようなモノを置きやすい場所には、なるべく収納の指定席を作らないことが大切です。

なぜなら、とても使いやすく多目的な場所でもあるからです。本来は、「一時的な目的を果たすためにあるスペース」だとも言えます。例えば、ダイニングテーブルは食事の時だけ使う、キッチンカウンターは食器を運ぶ時に使うなどです。又、目につきやすい場所でもあるので、モノだまりがあると、どんなに周りがスッキリしていても、お部屋中が散らかっているように感じてしまいます。まずは、無意識にモノを置きたくなる場所には、指定席をできるだけ減らしてみましょう。 

モノの指定席がないスペースができたら、日頃からなるべく、モノは置かないように意識してみましょう。ちょっとした心がけで散らかることを防ぎ、いつもスッキリしたスペースにできますよ。

 

4.どうしてもモノを置きたくなるなら、別に指定席を作ってあげる

テーブルにモノの指定席を作らず、モノを置かない習慣をつけようと思っていても、やはりついついモノを置きたくなるものです。

そういう時は「置きたくなったモノ、そのものの指定席」を別の場所に作ってあげましょう。例えば、読んだ新聞をそのままテーブルに置くのではなく、古新聞を置く場所を決めてあげるのです。読み終わった後、すぐに置ける場所が別にあれば、ついついテーブルに置きっぱなしにならないですよ。

 

5.花やインテリアを飾って美しくして、散らかりを防ぐ

テーブルや棚の上に、花やインテリアを飾って、見た目を美しく保つ習慣をつけるのもおススメです。モノを置かない習慣ができると、スペースには何もなくシンプルで味気ないものです。見た目を整えることで、気分も良くなり、キレイに保ちたいという気持ちもさらにアップします。見た目を美しくすると、ちょっとしたモノを置きづらくなり、散らかりにくくなりますよ。

 

 

いかがでしたか。お家の中を見渡すと、モノを置きたくなる場所は結構あるものです。広かったスペースがいつの間にか、半分くらいしか空いていない、なんていう場所があるかもしれません。モノを置きやすい場所を意識して、少し工夫することで、散らかりにくくなり、よりスッキリした空間になりますよ。ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

西﨑 瞳
この記事を書いた専門家:西﨑 瞳

やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』

整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ:悠々閑閑~整理と収納のコツ~

→詳しくはこちら