「あれどこ?」と聞かれるのがウンザリな主婦が取るべき5つの行動

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

main

家族にいつも「あれどこ?」って聞かれて、もうウンザリ!という声を良く耳にします。いつも教えているのに覚えてくれない!何で毎回聞くの?家事に育児に日々忙しいのにモノの収納場所を聞かれるのはとてもストレスですよね。各自が勝手に出して戻してくれたら凄くラクになると思いませんか?そこで、家族から「あれどこ?」と聞かれなくなる為に主婦が取るべき5つの行動をご紹介します。

1. 「あれどこ?」の原因を考えてみる

自分の感覚だけで、モノを仕舞い込んではいませんか?モノの住所を聞かれるのは、家族がモノの住所を把握出来ていないからです。実は家の収納は一番長く家で過ごす主婦一人が担っている事が多く、自分だけが分かる収納になっている場合が多いのです。家族にとっては、自分の家だけどどこに何があるのか分からない他人の家と同じ状態なので「あれどこ?」となってしまう訳です。 

聞かれるモノについて家族と話し合ってみると具体的な原因に気付く事があります。例えば「どうしたら分かりやすくなるかな?」と聞いてみると、「普通はリビングにあるモノでしょ?なんで廊下なの?」と、収納場所に問題がある事が分かります。

2. 誰もが分かるようなモノの住所を決める

自分だけの思いつきで収納場所を変えたりしていませんか?いつも収納場所が違う、という事があると「あれどこ?」と聞かれてしまうのは当然のこと。特に家族共有で良く使うモノについては家族で話し合って分かりやすい収納場所を決めましょう。
ポイントは誰もが分かるような分類でまとめる事です。

3. 収納場所が決まったら表札(ラベル)を付けましょう

1

住所を決めていても、沢山ある引出しや棚の中だったりすると「どの引出し?」「何番目の棚?」という質問を受ける事になってしまいます。 でも全てを覚えるのは大変なので、住所が決まったら表札(ラベル)をつけてあげましょう。お子様も使うモノなら、ひらがなにしたり、「掃除道具」ではなく「ぞうきん」「掃除洗剤」と小分けで書くなど家族誰もが分かりやすい書き方で表札を書くのがポイントです。
収納されているモノのラベルを1つ1つの引出しや棚に付けて行く事で、「あれどこ?」がグンと軽減されます。

4. 家族に住所と表札を伝えましょう

せっかく決めた住所に表札を掲げても、家族に伝えておかなければ意味がありません。家族全員でモノの場所を共有しておきましょう。出来る事なら、家中のモノの場所を記したサイトマップのようなノートや一覧表を作っておくとベストですね!

5. 中身が見える収納でさらに対策を強化!

2

例えば、住所も決めて表札も付けたし、伝えてあるのにも関わらず、「あれどこ?」と聞いてくる家族もいるかもしれません。実は中身が見えていないと忘れてしまうタイプの方がいます。パッと見た感覚でモノを探すので、不透明な場所に収納されていると探せないのです。

特に良く使うモノの場合は、すぐに見て分かるような「見える収納」にする事をオススメします。扉や引出しの中に仕舞いこまず、透明のBOXや引出しに収納するか、外に出す収納にするなどして、「見える収納」にしてあげるといいですね。

 

 

家族と相談して住所を定め、表札を掲げる事で「あれどこ?」が劇的に減る方法をお伝えしました。これだけシッカリと対策しておけば、ストレスがグンと軽減!家族の探し物に付き合わされて無駄な時間を使わなくて済みます。さらに、定着されると家族それぞれが質問する事なくモノを出し入れして片付けてくれるようになるなど生活スタイルにも変化がおきていきますよ。 

「あれどこ?」と聞かれる方もウンザリですが、実は聞く方も使いたいモノがすぐに使えずストレスになっているものです。聞かなくても自分で出して使って戻せるのが一番ラクですよね。家族全員が把握できる収納にする事で、双方にとってのストレスが軽減出来れば嬉しいですね!

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!