行動グセを見直せば散らからない!郵便物のスムーズ整理術

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

main

毎日大量に届く郵便物やダイレクトメール。帰宅してとりあえず靴箱や机の上に置いて、そのまま置きっぱなしになっていませんか?テーブルの上に次々と溜まっていく紙類は、お部屋の散らかりの元。

今日は私たちがよくやってしまいがちな行動グセを見直して、郵便物やダイレクトメールをスムーズに整理する方法をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

1.郵便物を手にしたらそのまま部屋の中へ、玄関でのとりあえず置きを防止する

帰宅して玄関に入るとすぐにあるのが靴箱。ここがまずモノを置くのにちょうどいい高さなのです。手に持った郵便物をついつい置いてしまいそうになりますが、置かないでそのまま部屋の中へ持って入りましょう。

玄関は家の顔です。お客様が来られてまず目にする場所ですので、常に綺麗な状態にしておきたいものです。靴箱の上にはお花を飾るなどをしておけば、ひとまず置いてしまうといった行動グセも防げます。

 

2.郵便物はすぐ開封して確認、同時に要る・要らないの判断を

お部屋に持って入った郵便物はすぐに開封しましょう。すぐにできない場合は1日の終わりに必ず内容をチェックするといったようなルールを決めるといいでしょう。郵便物を溜めてしまうと紙が増えるだけでなく、内容を確認した時にはもう期限が過ぎていた…なんてことにもなりかねません。

内容を確認し終えたら保管するか処分するかをその場で判断し要らないものは捨てましょう。ゴミ箱やシュレッダーの近くでこの作業を行うと、すぐに捨てられるので流れが非常にスムーズです。

 

3.必要なものだけを、種類別に分けて保管

必要と判断した郵便物は、大まかに種類別に分けて保管します。

例えば領収書類、催事の案内ハガキ、役所等の手続き関係書類など。クリアケースやファイルボックスにラベルをつけて保管すれば、後から探す場合にも分かりやすくて便利です。期限があったりしてすぐに見る必要があるものは、冷蔵庫やカウンターの隅などの目立つ所に置き場所を作って、忘れないように気をつけましょう。

 

4.繰り返し届く必要のないダイレクトメールやカタログは、郵送ストップの連絡を

一度注文したら毎回届くようになったカタログや冊子。大して興味があるわけでもないのに、毎月封筒を開けて、ひとまず目を通して。これってとっても時間の無駄ですよね。今は必要だと思ったらカタログもインターネットで見る事ができる時代です。

必要のない紙のカタログや冊子は、発行元に連絡して郵送をストップしてもらいましょう。入ってくる郵便物の数を制限するのも、整理をラクにする有効な手段になります。

 

 

いかがでしたか?私たちがついついやってしまう、置きっぱなしにする、とりあえずとっておく、興味はないけど読み続けるという“行動グセ”。これを見直すことでスペース・時間・手間のムダが省け、郵便物の整理が非常にシンプルな流れになりますよ。ぜひ今日から気をつけてみてくださいね。

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!