狭くてもすっきり!玄関をキレイにして幸せを招き入れる5つの方法

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

狭くてもすっきり!玄関をキレイにして幸せを招き入れる

家の玄関。あなたのおうちはスッキリしていますか?
家の顔ともいえる玄関は、常に片付いておりいつでもお客様を迎えられる状態でありたいものですよね。便利なのでつい色々置きたくなってしまう場所ですが、今日はすっきり片づいた幸せが舞い込んでくる玄関の作り方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.床にモノを置かない

玄関の土間や床に物を置いていませんか?もともと玄関はそれ程広くないスペースですので、脱ぎっぱなしの靴が散らかっていたり、傘や子供の遊び道具を置きっぱなしにしたりするとすぐモノであふれた印象になってしまいます。
床には何も置かないのが基本です。脱いだ靴は靴箱の中へ戻しましょう。靴箱の中がいっぱいなら、まずは履いてない靴がないか、傷んでいる靴はないかをチェックして減らすことも考えてみてくださいね。どうしてもいっぱいならシーズンオフの靴は他の場所へ移動して、今履いている靴を入れるスペースを作ってあげましょう。傘は持つ本数を決め、子供の遊び道具も置く場所をしっかり決めてあげるといいですね。

■2.玄関に置く必要があるものだけを厳選する

玄関は家族が毎日通る場所。気を抜けばいろんなものが集まってきてしまいます。玄関に必要のない物まで置いてしまっていませんか?
玄関に置くものは、玄関で使うものだけに厳選して置きましょう。靴、傘、玄関周りで使うものなどが中心になりますが、ご自宅の玄関の収納スペースに合わせて置く量を決めてくださいね。鍵やハンコ関係の小さい物などは、カゴやケースを使って置く場所を作ると、さっと取り出せて便利です。

■3.靴箱の上を一時置きスペースにしない

靴箱の上は腰高で、ちょっと何かを置きたい時にもってこいの場所。それゆえに、一時置きのはずがずっと置きっぱなしなってしまう危険な場所でもあります。靴箱の上には季節の飾りを置いたり、お花を飾ったり、すぐに色んな物を置いてしまわないようにあらかじめ工夫しておくといいでしょう。
靴を履く時にちょっと置いた物も、移動する時にすぐ持っていくよう普段から心がけることも大切ですね。

■4.ちょこっと掃除で清潔感を保つ

玄関は人の出入りがあるので、意外と土ぼこりやゴミが溜まりやすいものです。また、お客様がこられた時に一番最初に目に入る場所でもあります。迎える側からは見えなくても、お客様からは見えている床のゴミも意外とあったりするんですよね。
玄関はスペースが狭いので、お掃除も時間はかかりません。大がかりでなくても毎日気づいた時にちょこっとお掃除する事で、キレイは十分保てます。この時、散かっていたり、床に物が多いと掃除にも時間がかかりますが、片付いていれば簡単!ささっと履くだけで終わるので、毎日の掃除も苦になりません。

■5.季節感を取り入れて、明るい玄関に!

玄関が片付いたら、ぜひ幸せを招き入れるアイテムを取り入れましょう。生花や観葉植物は悪い「気」を良い「気」に変える効果があると言われていますので、その季節にあった花や写真、タペストリーなどを飾るのもオススメです。玄関にも季節感が感じられ、来てくださるお客様を楽しませることもできますし、疲れて家に帰ってきた時にもほっとできるでしょう。
また、玄関を明るくすることもポイント!日が当たりにくい玄関の場合は、電気を明るいものに変えたり間接照明を取り入れるだけでも運気が違ってきますよ。白色をベースとしたインテリアを取り入れると全体がパッと明るくなるので、とっても効果的ですね。

 

家族みんなが毎日通る玄関。物がたくさんあって雑然としているよりは、すっきり明るい方が断然気持ちがいいものです。便利なので何でも置いてしまいがちになりますが、置く物を限定し、物の住所(置く場所)を決めてあげることで、誰でもすっきりした玄関を手に入れられます。
また玄関は狭いスペースですので、お片付けを始めるのに最適な場所でもあるんですね。すっきりさせて幸せがいっぱい入ってくる玄関をぜひ作ってみて下さい。

(著:笹田 奈美子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!