本好きさん必見!すっきり見えて気分が上がる本棚整理の9つのコツ

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

本棚整理1

本が好きなのでついつい買ってしまう。読み終わった本もまた読むかなと思うとなかなか手放せない。というあなた。増え続ける本の整理は難しい問題ですよね。たくさん持ちたいけど、ごちゃごちゃ散らかってみえるのは困りますし、置くスペースにも限りがあるものです。今回は手元に置いておきたい本を限られた本棚スペースに見やすくすっきり収納するコツをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1. 期限を意識!古い情報の本は手離す

本を置くスペースには限りがあります。情報に期限のある本から減らす方向で考えていきましょう。情報に期限のあるものといえば、週刊誌や月刊誌などの雑誌。また何年版と記載されているような本の事です。これらは常に新しい情報が発信され続けますので、最新刊が出る時が手放すきっかけ。記事の中で気になる情報があれば、その部分だけスクラップやスキャンすれば1冊持つ必要もありません。

■2. 本棚に置く本を厳選する

本棚から本があふれている場合は、ここに置く本を厳選しましょう。選ぶポイントはよく読む本であることと、自分が好きな本であることの2点です。好きな本がずらっと並んでいる様子は心の安定剤になったりもしますよね。また自分がどこの場所で読むかを考えて、ベットの下など別の場所に移動する方法も。各場所に応じた保管ケースが色々と販売されていますので、あなたの生活スタイルに合わせて選んで下さいね。

■3. 本棚をジャンルに分ける

本棚にざっくばらんに本を並べていても雑然としてすっきりしませんし、読みたい本がどこにあるかも分からなくなってしまいます。使い勝手よく本棚に収納するには、本を大まかにジャンル分けすると効果的。本棚の枠ごとにジャンルに分ければ、探す時にとってもラクになりますよ。入れる時には本の高さを揃える事を意識しましょう。これだけでもとってもすっきり見えるんですよ。

■4. シリーズの本は背表紙を揃えて魅せる!

シリーズの本は背表紙を揃えて並べて入れましょう。自分の好きな本のシリーズがずらっと本棚に並んでいる様は圧巻で、とっても気持ちがいいですよね。もちろん背表紙がそろっているので、見た目も使い勝手も言う事なしです。

■5. ファイルボックス利用でスッキリ感アップ

背表紙が揃わない、高さもバラバラ……という場合はファイルボックスを使う方法があります。ボックス毎に大まかにジャンルを決めて、中は投げ込みでOK!ファイルボックスを統一すればすっきり感も大幅アップ。ただ中身が見えなくなるので、必ず表側にラベルをつけて下さいね。

■6. ブックカバーで見た目を統一

揃ってない本があってなんだかスッキリしないという場合は、本にブックカバーをつけてみましょう。背表紙が色々なカラーだとどうしてもゴチャついて見えてしまいますが、ブックカバーをつけるだけで統一感が生まれます。英字新聞でカバーを作ってみたり、ホームページなどでもおしゃれなブックカバーをダウンロードする事ができますよ。

■7. 本棚の高さ調節で空間を最大限利用する

本棚の容量を増やすには、棚板を移動する事です。本の高さを揃えて入れ、できるだけ上の空間が空きすぎないように棚板を移動してみましょう。今までより本棚に入る量が格段にアップするはずです。棚板が足りない場合は、コの字ラックを入れる、突っ張り棒で棚を増やすというアイデアも!

■8. 文庫本はケース収納で、奥も取り出しやすく

本棚整理2

文庫本などの小さいサイズの本は、本棚の奥行を利用して奥と手前の2列に並べて入れると容量アップ!ケースに入れても奥側の本が取り出しやすくなります。ぜひ試してみてください。

■9. ブックエンドを利用しよう

本棚に本が倒れていると、取り出しにくいだけでなくとっても乱れて見えてしまいます。こういう場合はブックエンド使いが有効です。きちっと立てて入れることで空間ができ、沢山の本でも圧迫感が減りますね。

 

いかがでしたか?すっきり見える整理のコツをお伝えしてきました。好きな本はなかなか手放せないものですが、それなら気分があがる本棚にしませんか?ちょっとしたコツであなたの本棚も自分の大好きな空間になるハズです。ぜひやってみて下さいね。

(著:笹田 奈美子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!