粗品、サンプル、レジ袋…ためこまず上手に活用する5つのコツ

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

普段の生活の中で頂く粗品やサンプル、いつのまにか増えてしまうレジ袋。意識せずに過ごしていると、どんどん増えて収納スペースから溢れ出てしまったり、しまいこんで使用しないまま存在を忘れてしまっていませんか?
そんないつのまにか増えてしまう消耗品を、溜め込まず上手に活用する5つのコツをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1. レジ袋や紙袋はここに入るだけを守る

サンプル 粗品 レジ袋

お買い物の際にもらうレジ袋や紙袋もすべてとっておくとかさばって収納スペースを無駄にしてしまいます。レジ袋や紙袋のようにかさばりがちなものは、あらかじめ収納スペースを決めてそのスペースに入るだけ持つようにしましょう。 新しく入ってきた時にその収納スペースがいっぱいなら、処分するか、収納されている古いものと交換しましょう。

■2. 化粧品のサンプルはすぐ使用

化粧品売り場でもらうサンプルはできるだけ早く使う習慣をつけましょう。
時間がたつともらった事を忘れてしまって死蔵品になる可能性も。 サンプルを貰って帰ったらバッグから出して、いつものメイクを収納している場所に置くようにしましょう。毎日メイクする場所に置いておくと、自然と手がのびるようになります。

■3. ポケットティッシュは袋から出して見える場所に

サンプル 粗品 レジ袋

街を歩いているときにもらったり、郵便受けに入っていて、供給過剰になりがちなポケットティッシュ。出掛けた際に使おうとしまいこんでいると、なかなか数が減りません。
ポケットティッシュが沢山たまってきたら、お出掛け用に数個だけとっておいて他のものは袋から出し、空いているカゴに入れて目につきやすい場所に置いておきましょう。 そうすると、普段のティッシュ代わりに使えて、自然に使い切る事ができます。

■4. 企業名入りのタオルは使い倒して処分

企業名入りのタオルを貰っても、普段のフェイスタオルとして使用するのはインテリア的にはばかられるという方も多いと思います。取り敢えず置いておくと、いつまでたっても使う機会がやって来ないので思い切ってお掃除の際に使用しましょう。
使い古しではないので、キッチンのお掃除にも抵抗なく使えます。最初はテーブルやキッチンカウンターなどのキッチンの汚れが軽い所から拭き始めて、汚れが激しい場所を最後に掃除してから洗い、そのまま外回り用の雑巾として置いておきましょう。しばらく外回りの掃除用としてボロボロになるまで使い倒すと、気持ちよく処分出来ますよ。

■5. 眠ってしまっている文房具は寄付という方法も

サンプル 粗品 レジ袋

もらったけれど使ってない文房具がお家に沢山眠っているなら、発展途上国へ物資支援を行っている団体に寄付するという方法もあります。 文房具を詰めたダンボールひと箱につきいくらかの集荷料金が掛かる事が多いですが、捨てたり使わないまま放置しておくのは勿体ないと思われる方は、寄付するという選択肢もありますよ。

 

いかがでしたか?
余り思い入れが無いもらってきた消耗品は、ついついそのまま放置しがちになります。あらかじめ収納スペースを決めておいたり、すぐに使う意識を持つ事でため込んでしまう事が無くなりますよ。

(著:中西 彰子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら