洗面台アイテムは戻しやすく!楽にスッキリ片付くアイデア5つ

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

洗面台1

洗面台には、オーラルケア・スキンケア・ヘアケア用品など様々なアイテムがありますが、使っているうちに乱雑に置かれてしまい、ごちゃごちゃと散らかってしまいませんか?そこで洗面台収納をより使いやすく戻しやすく楽にすっきり片付く5つのアイデアをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1. ターバンやシュシュはピンチで吊るす

洗顔時によく使うターバンやシュシュを置きっぱなしにされると嫌ですね。視覚に入る邪魔にならない位置に、ひも付きピンチをぶら下げて挟んでおくだけですぐに使えて、簡単に戻せる状態になります。乾きやすい、迷子にならないのも〇。タオル掛けがちょうどいい位置にあれば、タオルと一緒に下げておくと便利です。更に、洗顔フォームの置き場に困る場合も挟んでぶら下げてみてもいいですね。

■2. スキンケア用品は「使うモノ」だけをひとまとめ

化粧水、コットン、シェービング、パックなど種類も豊富なスキンケア用品。家族が多いと数も多くなりがちです。よく使うモノだけを家族ごとにトレーやカゴにひとまとめにして、なるべく洗面ボウル近くに収納しておけば、必要なモノをすぐに取り出すことができ便利ですね。共用であれば、アイテムごとにまとめるだけでOK。トレーごとに移動させる、持ち運ぶことも可能。散らからず片付けも簡単、掃除もしやすくなります。

■3 .ドライヤーは「ざっくり」袋にいれて引っ掛ける

洗面台2

ドライヤーは洗面台に置かれていることも多いですね。引き出しなどラクに収納出来る場所がない時には、タオル掛けにS字フックをかけると簡単に置き場所を作ることが出来ますよ。そのままドライヤーを引っ掛けるのも良いですが、ドライヤーがざっくり入る手提げ袋を用意してその中にドライヤーを入れて引っ掛けると、見た目もスッキリ、誰でも戻せる使いやすい収納になります。

■4. ヘアケア用品は使う順番に「指定席」を決める

ヘアブラシや整髪料なども種類が多く、ただ並べてあるとゴチャゴチャした印象になってしまいます。ブラシごと、整髪料ごと・・というふうにカゴやトレーにひとまとめに入れ、棚などの収納に、使う順番ごとに手前からブラシ・・左からブラシ・・というように配置していくと非常に便利に使うことができます。サッと取れて、簡単に元の場所に戻すことができるのでスムーズにヘアセットができます。

■5.歯ブラシや歯磨き粉は「利き手側」にまとめておく

使用頻度が高いオーラルケアアイテム。特に歯ブラシや歯磨き粉は、利き手側の洗面ボウル近くに、1度の動作でパッと取ることができる状態にしておけば、とても使いやすくなります。家族の利き手が違う時は右側がベスト。フロスやマウスウォッシュも歯ブラシのすぐ上など、なるべく近くにゾーンを設けてまとめて収納するといいですよ。

 

いかがでしたか?毎日使う洗面台を使いやすく戻しやすい、そして散らからないように収納を工夫することで、自然に片付く環境を作ることができます。身支度やセルフケアもスムーズに完了しますよ。是非お試し下さい。

(著:佐々木弓子/cataso専門家ライター)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!