「バッグ」は休ませ方が大切!長く使う為にしておきたい5つのポイント

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

バッグは形や大きさがバラバラで数も増えやすいので、どうやって収納したらいいのか悩みますね。収納スペースにやみくもに収めてしまうと、大切なバッグが型崩れしてしまったり、カビが生えてしまうことも。そうならないために、今回はお気に入りのバッグを長く大切に使う為にしておきたい5つのポイントをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.帰ったら中身はすべて出す

バッグ1

外出先から帰ったらバッグの中身はすべて出しましょう。面倒と思われるかもしれませんが、中身を入れっぱなしにしてしまうと型崩れや内部の汚れの原因となります。

バッグの収納場所の近くに「カゴ」を一つ準備しておきましょう。帰宅後、バッグから中身をそのカゴに一つ残らず移しましょう。こうしておくと、バッグに負担が掛かりませんし、バッグからバッグへ中身の移し忘れも無くなりますよ。

■2.「あんこ」を入れて型崩れを防止

バッグ2

バッグの形を保つための詰め物を”あんこ”と言います。中身を出したバッグにこの”あんこ“を代わりに入れておくと型崩れ防止になりますよ。

“あんこ”が無い時は簡単に作ることができます。バッグの大きさに合わせて丸めた新聞紙を不織布で包むだけです。新聞紙は湿気を吸ってくれるので、”あんこ”に最適なんですよ。新聞紙をそのまま入れてしまうとインクが付いてしまうので、必ず不織布や綺麗な紙で包んでおくようにしましょう。

■3.自立しないバッグはファイルボックスで立てる

バッグ3

マチのない自立しないバッグはそのままにしておくと、倒れたまま他の物をドンドン積み重ねてしまって存在を忘れてしまう事も。ファイルボックスを使って立ててあげると、どこに何があるかが一目瞭然になって存在を忘れてしまうなんて事が無くなります。積み重ねる事も無くなるので、バッグも傷みにくくなります。

■4.すぐに使う場合は直置きしないでイスやスツールに

バッグ4

すぐに使うバッグは「リビングに置いておきたい」という方もいらっしゃると思います。リビングに置いておくと、サッと出かける事ができて便利ですね。その際に気を付けていただきたいのは、床に直置きしないこと。床に溜まったホコリや汚れが付着しないよう、イスやスツールなどの上に置くようにしましょう。お気に入りのバッグならインテリアの一部にもなりそうですね。

しばらく使わないバッグはボックスにまとめて高い所で保管

バッグ5

しばらく使っていないバッグを、今使っているバッグと一緒に置いていませんか?バッグも洋服と同じように衣替えすると、オンシーズン・オフシーズンそれぞれの収納にゆとりが出来て傷むのを防げますし、出し入れもしやすくなります。オフシーズンのものを分けたら通気性のよいボックスにまとめてクローゼットや押入れの上段などの高い所で保管しましょう。低い場所は湿気が溜まりがちですので、カビが生える原因になってしまいます。カビが生えるのを防ぐには、出来るだけ風通しのよい高い場所を選びましょう。

 

いかがでしたか?ファッション小物の中でも、大きな影響力を持つバッグ。収納場所に詰め込んで型崩れさせてしまったりカビが生えてしまっては、せっかくのバッグも勿体ないですね。自分を輝かせてくれるお気に入りのバッグを長く愛用するために、ぜひ収納にも気を付けてみて下さいね。

(著:中西 彰子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!