あれどこだっけ?「文房具」を探しまわる生活とサヨナラする収納のコツ

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

ペンや鉛筆、消しゴムや修正テープ、ハサミやカッターに様々な種類のテープや糊、ホッチキスやクリップといった風に、文房具には沢山の種類がありますね。細々したものも多いので、いざ使おうと思った時に「あれどこだったっけ?」と迷子になりがちです。時間に余裕のある時ならまだしも、時間に追われている時の探し物はイライラしちゃうことも。

そんな文房具を探し回る生活とサヨナラするための収納のコツをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1. 「使っている」文房具だけを集める

P1170088

普段の生活でよく使っている文房具だけを集めて、リビングやダイニングの引き出しに収めましょう。沢山の文房具を持っている方でも普段使っているものだけにすると数は絞られます。数を絞ると上から見て何が入っているか一目瞭然になるので、目当てのものをすぐに見つけられますよ。

あまり頻繁に使わないものやストックは、よく使っている文房具とは分けて、別の引き出しやカゴにまとめておきましょう。

■2. 「書く」「切る」「貼る」など行動別に分ける

文房具は、「書く時に使うもの」「切る時に使うもの」「貼る時に使うもの」といったふうに行動別に分けて収納すると探しやすくなります。「書くもの」の所には鉛筆やボールペン、「切るもの」の所にはハサミやカッター、「貼るもの」の所にはテープや糊といった風にそれぞれの行動をする時に使う文房具を収めます。

直感的に場所を把握しやすくなりますし、あまり細々分けるのが苦手な方にもおすすめの収納方法です。

■3. 立てて一目瞭然に

文具の整理2

色鉛筆やカラーペンなどの色の種類が多い筆記用具は、積み重ねて収めていると下にある色の存在を忘れがちになります。収納場所の引き出しや棚に高さがあるなら、立てて収めるとすべての色が一目瞭然に。

お子さんがいらっしゃるご家庭では、そのまま出しておいてあげるとお絵かきの時に一人で目的の色をすぐに探すことができますよ。

■4. 引き出しは仕切りを使ってグループ別に

文具の整理3

文房具は細々したものが多く、いつの間にか色んな種類のものが混在してしまい、引き出しの中がごちゃごちゃしがちになります。目的の文房具を見つけやすい引き出しにするには、そのまま何となく入れてしまうのではなく、仕切りを作って、グループ別に分けると探しやすくなります。文房具のサイズや量に合った箱や容器を引き出しの中にセットすると簡単に分けて収納することができます。

仕切るための箱や容器は、いきなり購入しなくても、取り敢えずは家で余っている空箱やタッパーなどの容器で十分です。見た目をスッキリと見せたくなったら、きちんとサイズを測って好みのものを購入しましょう。

■5. 仕上げに必ずラベリングを

文房具の住所を決めたら、仕上げに中に何が入っているか分かるようにラベリングをしておきましょう。ラベリングしておくと、自分だけでなく家族も「どこに何があるか」が分かりやすくなります。

ラベリングは少し面倒と思われるかもしれませんが、探す時間が短縮される効果がずっと続くのでおすすめです。テプラなどのラベルプリンターがなくても、マスキングテープやメンディングテープでも代用できますよ。

 

文房具のように種類が多くて細々したものは、まず使用頻度と種類別に、しっかりと分ける事が大切です。そして、それぞれの住所を決めてラベリングをするとグッと探しやすくなり、迷子がなくなりますよ。住所を決めてラベリングしたら、家族にも収納場所をお知らせするようにして下さいね。

(著:中西 彰子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!