カギは子供目線!自分で服を選べる”夢のママ楽”衣類収納の作り方

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

子供衣類収納

保育園や幼稚園に入る前~小学生のお子様のお持ちのママ。子供の朝の着替えってどうされていますか?毎朝ママが引き出しから出して上下の衣類をセットして…だと、いつまでたっても子供は自分で服を着れるようになりませんよ。「そんな事言ったって、子供に任せたらいつまでたっても着替えが進まないでしょ~」こういう声も聞こえてきそうですね。では、子供が自分で服を選んで着てくれるようになる夢のような衣類収納の方法を伝授します。

 

スポンサードリンク

 

■1.「毎朝着る服はここ」と1箇所にまとめる

毎朝着る子供の服はどこに入っていますか?あちこちに置くのではなく、1つの場所にまとめてスペースを作りましょう。大きい場所は必要なく、お子様の服の量に合わせてカゴや引き出し1つで十分です。子供が毎朝着る自分の服がどこに入っているか分かる事は、自分で着てくれる事の大前提。兄弟・姉妹が居れば、自分だけのマークや目印をつけるのも効果的です。

また、この場所に置く服は今シーズン着ている服だけを置くことが出来る場所でOK。シーズンオフのものは別の場所に移動したり、今着ている服でも量が多すぎる場合は、減らすことも考えてみて下さいね。

■2.「立てる収納」が鉄則!服が全て見えるように

かごや引き出しに服を入れる時には、「立てる収納」がポイント。立てて入れることで、引き出しに入っている全ての服が見えるので、子供にとってもグッと選びやすくなるんです。ママが選んだ服を「これ嫌だ!」と言うイヤイヤ期の子供だって、自分で選ぶことができれば「やりたい気持ち」が満たされて朝からご機嫌に過ごせるかもしれませんね。

■3.トップス・ボトム・靴下…アイテム毎に分けて入れる

服を立てて入れる時には、アイテム毎(トップス・ボトム・靴下・ハンカチなど)にジャンルを分けて入れましょう。何がどこにあるか分かりやすく収納されていれば、服選びもとってもスムーズ。朝の時間は子供にとっても貴重です。ママに急かされることなく、自分の着たい服をすぐに選べるって気分がいいものですよ。

■4.イラスト付きの「準備リスト」で忘れ物ゼロ

子供衣類収納

小さい子供さんなら、「何を用意すればいいか」引き出しを開けただけでは分かりにくいですよね。また、小学生なら今日は体育があるから体操服を着て行く日という事もあるでしょう。こんな時は、紙に絵を書いたものや、時間割を貼っておきましょう。貼るスペースがなければ厚紙などに貼ってすきまに差し込んでおくだけで十分。どうだったかな…?と思ったときに確認できるリストがあれば、ママも子供も安心です。

 

子供が自分でやってくれたら楽になるのに…と思うママは多いです。でも意外と子供が自分でやりにくい収納になってはいませんか?まずは、子供が見てパッと取れるような収納に変える事で、子供が自分からやってくれるようになった、ファッションに興味を持ちだした…というきっかけ作りになりますよ。

また取り出しやすい収納=しまいやすい収納とも言えますので、洗濯物のお片付けもしっかり子供がやってくれる日も近いかも!?夢のママ楽が叶う衣類収納に、ぜひあなたも変えてみてくださいね。

(著:笹田 奈美子/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!