夫も妻も「パートナーの片づけ力」を上げる!5つの心づかい

とみやす かおり

とみやす かおり

整理収納アドバイザー

片づけ出典:http://cataso.jp

「また出しっぱなし・・・」、とため息まじりに片づけていると、そばから散らかす家族。日常よくある光景かもしれませんが、この毎日の積み重ねがちょっとしたストレスになっているかも。使ったモノを元に戻す、それは、片づけ上手な方にとっては簡単でも、片づけが苦手な大人にとってはハードルが高いのかもしれません。

今回は「パートナーの片づけ力」をあげる工夫を、心づかいの視点から考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■1.できそうなことからお願いしてみましょう

服をあちこちに脱いでしまう、モノをあちこち置きっぱなしにしてしまう。これってわざとではありません。小さいころからの習慣・クセによるもの、本人に悪意なんてないのです。服を脱いだらカゴに入れる、モノは決まった場所に置くという行為は、これまでの習慣になかった人には実はとても高いハードルです。

これらを習慣づける為には、まずハードルを下げて、自分にもこれくらいだったらできると思えるところからお願いしてみましょう。これまで「服は洗面所で脱いでね」「スマホはココに置いてね」と伝えていたものを、「玄関以外で脱いでね」「置くときはキッチン以外でね」など、OKゾーンを広くお願いした方が有効です。又、「やってね」と上から目線な言い方ではなく、まずは「お願いね」と協力要請のニュアンスを含ませた言い方にすることもポイントです。

■2.とにかく「ラク」に戻せるようにしましょう

たとえば脱いだ服。ハンガーにかける、たたんで収納するといった方法ではなく、苦手な人には苦手な人がラクにできる収納法を提供することがポイント。ラクに着替えられる、しまえることが大切なことで、キレイに見せることはもう少し先のハードル。まずは続けられることを目指すことが大切です。

家族でもハードルの高さが違っていても良いのです。たとえば、人別にざっくり収納できるカゴや箱を設置するのもオススメです。これなら、自分のカゴに入れるだけなのでラクですね。ただ今度は、カゴや箱の中を必死に探すことになるのでは?と心配されるかもしれませんが、カゴや箱の中だけを探せば良いと気持ちを切り替えることが大切です。これが大きな一歩です。

■3.戻しやすい場所を探してみましょう

置き場所が決まっているのに、そこには戻してくれない、何故いつもここに置いていってしまうのだろう・・・ということはありませんか。もしかすると、そこが一番置きやすい、戻しやすい場所なのかもしれませんね。戻しやすい場所は、身長や利き手の違いによっても変わりますし、家の中での行動によっても変わります。

一度、日頃の行動を観察してみましょう。朝の行動動線、帰宅後の行動動線などを見てみると、自分と違った動きをしていることに気づくはず。そのクセや行動動線に合わせて考えると、戻しやすい位置を見つけることができます。見た目が少し不格好になっても良いのです。まずは続けやすさを優先にすることが大切。お互いのストレスが軽減され、お家が心地よい空間に変わっていくでしょう。

■4.使うモノの仲間を「セット」にしておきましょう

夫片づけ2出典:http://cataso.jp

使うモノをひとまとめにした「セット」を作っておくと、戻すのもラクになり片づけのハードルが下がります。たとえば、ガムテープや紐、ハサミなどの「梱包セット」、爪切りや耳かきなどの「グルーミングセット」のように、目的ごとに必要なモノをカゴなどに集めます。それらを使用する場所に見えるようにおいておくと良いですね。

■5.感謝の気持ちはキチンと言葉に表しましょう

一緒に暮らすことが当たり前になってしまうと、お礼や感謝の気持ちを伝えることも減ってきてしまいがち。でも本当は、一緒に居られること、当たり前のような暮らしも奇跡的なことなのです。

まずは相手の行動に対してお礼や感謝をキチンと言葉で表しましょう。その時も一工夫。「ありがとう」だけではなく、具体的に伝えることが大切です。そうすることでパートナーも、より家事に関心を持ち、家族にも協力体制が芽生えてくるはずです。

 

いかがでしたか?毎日仕事で遅くまで頑張っているパートナーには負担を掛けたくない・・・、その気持ち、良く分かります。ですが、次第にプチストレスが積み重なっていませんか?
片付けやすい工夫で、協力しやすい環境を作ることで、良い関係が築けますよ。次第に、忙しいパートナーも「手伝ってあげている感」から「一緒にやる感」に変化していくはず。いきなり「アレやって」「コレしないで」ではなく、上手く心づかいをすることで日々の暮らしに変化が現れること、間違いありません。

(著:とみやす かおり/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

とみやす かおり
この記事を書いた専門家:とみやす かおり

あなたの「いつも」を大切にする整理収納アドバイザー

家族みんなの「ベストバランス」を見つける暮らし方。片づけとは、家族みんなが幸せな暮らしを送るための手段。心が少しでも軽くなるようサポートします。
ブログ:ゆとりクリエイト ~千葉松戸・ 整理収納アドバイザー とみやすかおり ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!