まだ各部屋にクローゼット?「衣裳部屋」で家事時短&一元管理&ストレスフリー!

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

 

まだ各部屋にクローゼット?「衣裳部屋」で家事時短&一元管理&ストレスフリー!

リビングのソファーに洗濯物の山。せっかく洗濯物を畳んでも家族が自分の部屋に持っていってくれない。そんなこと、ないですか?
言うまでもなく、衣類を毎日洗濯し、干して、取り入れて、畳んで、各部屋に持っていくというのは大変な作業です。中でも各部屋に持っていくというのは時間も手間も掛かりますし、少しでも負担を減らそうと思って家族に任せても思うようにいかないことが多いものです。でもそんな問題も“衣裳部屋”を設けることで解決できるのです。

衣裳部屋はウォークインクローゼットのようなものをイメージしてもらっても構いません。部屋の隅に家族全員の衣類が集まっている状態をイメージしてもらっても良いと思います。とにかく、各部屋のクローゼットなどに家族それぞれの衣類を収納するのではなく、ひとつの部屋にまとめて収納してしまうのです。

衣裳部屋を設けるとどんな素敵なことがあるのか?今回は衣裳部屋の3つのメリットに迫ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■1.各部屋に衣類を配達する「手間と時間」が減って、家事が楽々

各部屋のクローゼットなどに家族それぞれの衣類を収納するのをやめて、衣裳部屋にまとめて収納するようにすると、畳んだ衣類は衣裳部屋一ヵ所に運べば済むようになります。そうすると各部屋に移動する距離が短くなって、それまで掛かっていた時間もエネルギーも大幅に減らすことができます。

このように説明するととても単純なことですが、実際には非常に大きな違いを生むはずです。各部屋に行く必要がなく、ひとつの部屋に運びさえすれば良い状態、階段のところに畳んだ衣類が積み上げられていない状態をイメージしてみてください。きっと毎日の行動パターンや家の中の景色が変わるはずです。

■2.衣類が「一元管理」できるので、種類や量が把握しやすい

衣裳部屋に家族全員の衣類をまとめて収納すると、家族それぞれの持っている衣類の種類や量が把握しやすくなります。夫婦がお互いにどちらの衣類が多いかなどということで言い争う必要もなくなるのです。

それだけではありません。家族それぞれが責任を持ってキッチリと衣類を管理してくれれば良いのですが、実際にはそうなっていないことも多いと思います。しかし、衣裳部屋に家族全員の衣類を収納していれば、衣類の状態も把握しやすくなります。洗濯しなければならない衣類が放置される可能性も減るのです。

■3.衣裳部屋があればストレスフリーで毎日がハッピー

衣裳部屋があれば、取り入れた洗濯物はとりあえず衣裳部屋に持っていくことで、リビングに洗濯物の山を放置することがなくなります。また、家族が自分の部屋に衣類を片づけてくれないことを怒ったりする必要もありません。

もちろん、各部屋に衣類を配達する必要がなく、管理がしやすくなることによっても、ストレスが大幅に軽減されます。ストレスは悪循環の元。衣裳部屋を設けることでストレスがなくなれば、きっとほかの家事も楽しくなることでしょう。

 

このように衣裳部屋があるだけで、家事が時短でき、衣類の管理がしやすくなり、ストレスを感じることもなくなります。
あとはどうやって衣裳部屋を設けるスペースを捻出するかということが大きな問題ですが、もともと分散していた衣類の収納場所を一ヵ所にまとめるだけのことなので、じっくりと家全体の収納を見直せばそれは十分可能だと思います。収納はまず理想の形をイメージすることが大事ですね。

(著:芝谷浩/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら