「100均のカゴが似合う女」になってませんか?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

 

「100均のカゴが似合う女」になってませんか?

100円ショップで扱っている豊富な商品の中でも、収納に使えるプラスチック製のカゴや箱はもっともコストパフォーマンスが高いカテゴリーのひとつです。同様の商品を一般の雑貨店やホームセンターなどで購入するとなると、1,000円を超えることも珍しくありません。

そんなコストパフォーマンスの高い100均のカゴや箱ですが、本当にオススメの収納グッズと言えるのでしょうか?率直に言うと、私は100均のカゴは収納の一つのステップであって、いつかは卒業してもらいたいと思っています。今回はその理由をお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■1. 100均のカゴにふさわしいモノが溢れる

カゴや箱に限らず、100円ショップで売られている商品は以前はどれも“安かろう悪かろう”というものが多かったですが、近年は品質も見た目もグレードアップしており、とても魅力的です。しかし意識としては所詮は100円のものであるため、それにふさわしいモノを収めることになってしまうのです。

逆の言い方をしたほうが分かりやすいかもしれません。高価なダイヤモンドを100均のカゴに収める人がいるでしょうか?ダイヤモンドはやはりそれにふさわしい化粧箱に収めると思います。

100均のカゴは自然とそれにふさわしいモノを呼び込むことになり、中に収めるモノの価値を下げてしまうのです。

■2. 100均のカゴでは満足感が低く殺伐とする

100均のカゴはたった100円で手に入れることができるので非常に手軽です。しかしお得感は得られても、満足感を得ることはできません。100均のカゴが多く使われた部屋ではお得感という名の生活感が溢れてしまい、満足感が得られにくい部屋になってしまうのです。

人間は人に対してもモノに対しても、本当に愛したり愛されていると感じるときに満足感を得ることができます。逆に愛情が足りないと満足感が得られず、殺伐としてきます。

床にモノを転がしているよりは100均のカゴに収めてあげるほうが良いでしょう。ですがもっとふさわしいカゴに収めてあげるほうが、あなたにとってもモノにとっても満足感は高くなるのではないでしょうか。

■3. 100均のカゴはイライラが募る

100均のカゴは以前よりもシンプルで統一されたデザインのものが増えました。しかし未だにチープなデザインやカラーのものがほとんどです。そのためよほど注意して買うようにしないと、部屋の中に不揃いなデザインや色遣いのモノを部屋の中に招き入れることになり、それがイライラを募らせる原因となってしまいます。

私のこれまでの経験によると、片づけが苦手な人ほど本当は几帳面であることが分かっています。そのため本来は不揃いなデザインを好まないのです。また、色が心理的に大きな影響を与えることは周知のとおりですが、100均のカゴにありがちなカラフルな色遣いは組み合わせを間違えて部屋の中に入れてしまうと、心を乱してしまう可能性があります。

カゴの網目にモノが引っ掛かってモノの出し入れがしにくくなる場合もあり、そういうちょっとしたことの積み重ねでイライラは募ります。そんな風に100均のカゴにはイライラを募らせてしまう危険性があるのです。

 

安物の財布を使っているとお金が貯まらないと言われることがありますが、そんなことは迷信に過ぎないのかもしれません。また、ファッションでもその人にふさわしい身なりを整えることは大事ですが、高価なブランド物の洋服を残念な組み合わせで着てしまっている人だっています。そういったことも踏まえれば、今まで100均のカゴで収納していたのを1,000円のカゴに変えたところで、残念な結果にしかならないかもしれません。

それでも、100均のカゴを卒業することは大事なことです。もし、100均のカゴにふさわしいモノが部屋の中に溢れ、満足感が低く、イライラしていると感じたら、一度思い切ってちょっと高価なカゴを買ってみてください。そしてそれを家に持ち帰り、それにふさわしいモノを収めてみてください。その一歩を踏み出すことで、“100均のカゴが似合う女”から“1,000円のカゴが似合う女”になれるかもしれません。

(著:芝谷浩/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら