コーディネートがすぐに決まる「クローゼット」収納のコツ6つ

西﨑 瞳

西﨑 瞳

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

出勤前のコーディネートがなかなか決まらない、ということはありませんか。それは、クローゼットを上手く使えていないからかもしれません。そこで今回は、コーディネートがすぐに決まる、クローゼット収納のコツをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.シーズンオン・シーズンオフ「季節」で分ける

アイテムをまず、シーズンオン、シーズンオフで分け、収納場所を決めていきます。例えば、クローゼットの右側にオンシーズン、左側にオフシーズンにする、収納ケースであれば、オンシーズンのケース、オフシーズンのケースとするとわかりやすいですね。奥行のある引出しの場合は、奥と手前を仕切って分ける方法もあります。

■2.トップス、スカート、パンツなど「アイテム」でまとめる

トップス、スカート、パンツなどのアイテムは、ごちゃ混ぜにせず、アイテムごとに集めて収納しておきます。ジャケットやコート、スカート、パンツと分けて吊るしたり、トップスだけの引き出し、パンツだけの引き出しなどもわかりやすいです。お持ちのアイテム数によって工夫して下さい。

同じアイテムを集めておくと、持っているお洋服の量を把握でき、同じような色・素材のパンツを5~6本持っていた、なんていう発見があるかもしれません。

■3.引出しは「見渡せるように」立ててしまう

引き出しに収納する時は更にひと工夫しましょう。立てて収納し、上から見て、全てのお洋服が見えるように意識して下さい。取り出したいアイテムだけをさっと取り出すことができますよ。重ねて収納してしまうと、選ぶのに時間がかかるだけでなく、底から引っ張り出すことにもなり、元に戻すのに余計な時間がかかってしまうことも。

■4.アクセサリーも 近くに置いてコーデしやすく

コーディネートを考える時、アクセサリーが近くにあると便利ですね。クローゼット扉の内側や近くの壁などを利用し、アクセサリーを収納できる工夫をしてみましょう。ネックレスやピアスなどの収納は簡単に作れます。100均のワイヤーネットをプッシュピンで止め、S字フックや、専用のフックを取り付けるだけです。(折れ戸の扉には不向きなので要注意)

お洋服を選びながらアクセサリーも一緒に決められるので、アクセサリーを探し回る時間が短縮できてコーディネートが楽になりますよ。

■5.適正量を決め、ゆとり収納を心がけると取り出しやすい

どんなに収納を工夫しても、アイテム数が多すぎては取り出しにくくなります。お洋服やアクセサリーの適正量を考え、多く持ちすぎないようにしましょう。

クローゼットに洋服を掛ける場合は、洋服がカーテンのように左右に動く程度の量がおすすめ。余裕をもって左右に動かせると、掛けたまま洋服がチェックでき、いちいちクローゼットから出さなくても済むので効率的ですよ。引出しは、立てて収納した時に、2~3枚収納スペースに余裕がある程度にとどめておくと出し入れしやすくなります。適正量を考えて、ゆとり収納を心がけて下さいね。

 

いかがでしたか。コーディネートしやすい収納のコツは、しっかりグループに分けて収納し、持つ適正量を決めることです。着たい洋服が見つからなくて探し回っていては時間がもったいないですよね。コーディネートがすぐに決まる、自分のクローゼット収納をぜひ作ってみて下さいね。

(著:西﨑 瞳/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

西﨑 瞳
この記事を書いた専門家:西﨑 瞳

やさしいお片づけ『悠々閑閑yuyu-kankan』

整理収納コンサルタント。お子様がいるご家庭や現場でのお困りごとに「やさしいお片づけ」をご提案。簡単便利な情報をご紹介。2歳の息子のママ。
ブログ:悠々閑閑~整理と収納のコツ~

→詳しくはこちら