タオルの色を揃えてみれば「収納のルール」が見えてくる

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

タオルの色を揃えてみれば収納のルールが見えてくる出典:http://cataso.jp

タオルって、家の中にあるたくさんあるモノの中でもちょっと変わったモノなのだと思いませんか?タオルは、キッチン、洗面脱衣所、お風呂場、トイレといった、すべての水周りに掛けてあります。また、汗をかいたときなどのためにチェストにも収納してあると思います。こんな風にひとつのアイテムが家中で使われていることは非常に少ないのです。

そんな、毎日触れているはずなのに、意外にも特殊な存在であるタオル。今回はタオルを通じて、収納のルールを学んでみましょう。

 

スポンサードリンク

 

■タオルの色を揃えれば家族も分かりやすくて手伝いやすい

キッチン、洗面脱衣所、お風呂場、トイレ。それぞれにタオルが掛けてあると思いますが、どのタオルがどこで使うタオルか、あなたの家族は分かるでしょうか?キッチンは赤、洗面脱衣所は緑という風に決めてあれば、タオルを替えるときに家族も分かりやすいですよね。また、取り入れた洗濯物を畳むときにも、収納するべき場所が分かりやすくて良いでしょう。

逆に言うと、あなただけが分かっているルールなら他の家族には理解できません。ルールが理解できないと積極的に家事を手伝うことができなくなってしまいます。家族が家事を手伝ってくれないのは、あなたが作ったルールが分かりにくいからなのかもしれません。使う場所に応じてタオルの色を決めたり、逆にすべてのタオルの色を揃えて各場所で使うタオルを分け隔てなく統一してしまうのも良いでしょう。

タオルの色を揃えることで視覚的に分かりやすい収納をしたり、無意味なルールを省いてシンプルな仕組みにすることで、誰にでも分かりやすい収納のルールを作ると、家族も手伝いやすくなるのではないでしょうか。

■タオルを揃えると統一感が出てスッキリ

不揃いな色や柄、大きさのタオルを重ねても美しく見えません。また大きさが違うと、チェストに収めにくいですよね。タオルを揃えると統一感が出て、気持ちも見た目もスッキリするはずです。

タオルに限らず、不揃いなモノを統一感が出るようにすることは至難の業です。しかし見た目を良くしようと思えば、どんなスタイルであれ、統一感を出すということはとても大事なことです。難しいことを考えるよりも、タオルを揃えてしまったほうが手っ取り早く統一感を出すことができるでしょう。

■妥協しないことがスッキリを実現するコツ

そうは言っても、いま家にあるタオルをすべて揃えるというのは現実的に難しいと感じる方も多いはずです。いただきもののタオルもありますし、タオルを買い替えようと思ったときに同じものが見つからないこともあると思います。しかしそこで妥協しないことが大切なのです。

前述の通り、家の中をスッキリと統一感が出るようにしようと思えば、不揃いなモノが家の中に入り込むことを避けたほうが結果的には楽です。しかし少し気を抜くだけで不揃いなモノはどんどん家の中に入ってきます。だから決して妥協しないことが大切なのです。タオルという当たり前の存在のモノでさえもひとつずつこだわり抜くことが大切です。収納が上手な人は決してモノを並べ整えることが上手なのではなくて、モノが入ってくる時点でコントロールすることが上手なのです。

 

タオルという、どこの家にでもある当たり前の存在のものにこそ、収納のヒントがあることがお分かりいただけたでしょうか?収納とはモノを並べ整えることではありません。ひとつひとつのモノとしっかり向き合うこと、モノとの付き合い方なのです。

特に家族世帯では自分一人ではコントロールしきれないことが多いと思います。だからこそ家族みんなに分かりやすいルールを作り、不揃いなモノは中に入れず、妥協せずにこだわり抜くことが大切なのです。

すべてのモノに対してそのようにしていくことは大変だと思います。まずはタオルの色を揃えることから始めてみてはいかがでしょうか。

(著:芝谷 浩/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!