洋服の片付けを一気に進める!「悩む服」は一度着てみよう

長野 ゆか

長野 ゆか

整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント

一度着てみる出典:http://cataso.jp

クローゼットの片づけ方法でよく紹介される「いる服といらない服に分けましょう」という手順。だけど、実際の場面では「いるか・いらないか」の2択はとっても難しいものですよね。クローゼットに限らず片づけが進まない原因は、すべてココにあるといっても過言ではありません。ところが、お洋服にはその2択の判断の手助けをする、とても簡単な方法があるんです。それは「悩んだら、一度着てみる」こと。これについて解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

■「着ていないけど処分をためらう」服は一度着てみる

買ったときに高かった、数回しか着ていない、○○の時に着た思い出の服、いつかお出かけの時に着ようと思っている…など、今日・明日は着ないけれど、リサイクルも含め、手放す、処分するという決断ができない服。こういった服が、一度着てみる対象です。

■着用して、鏡の前に立ってみる

“一度着てみる”対象の服を着用したら、鏡の前に立って、少し離れて改めて見てみましょう。そしてその時「思っていたよりも似合っている、着心地もいいしすごくいい♪」という気持ちになったら、明日から出番を増やしてあげることにしましょう。

逆に、少しきついかも、着心地が変わってしまったなど、「あれ、何か違う」ということもあります。お気に入りだからと置いていた服だったのに、着てみると、もっと似合うと思っていたのに!と違和感がある場合も。これは年月が経ったことで、自分の体形だけでなく、雰囲気や好みが変化したことが理由にあげられます。着てみることで、「いるか・いらないか」の決断するために必要な情報がはっきりし、手放すときの後押しになりますよ。それでも迷うようなら、写真に撮って客観的に見てみることも有効です。

■靴も一度履いてみる

服だけでなく、長く履いていない靴も、一度履いてみるといいですね。足の形が変わってしまって痛い、ヒールの高さが好きじゃない、今持っている服に似合うものがない、履いてみたらゴムがボロボロと落ちてきたなど、見ているだけではわからないことが、明確になってきます。

■着てみる、履いてみることで、決め手を知ろう

この方法で取り組んでみると、悩んでも悩んでも、どちらとも判断がつかなかった服に対して決断がしやすくなりますよ。「いるか・いらないか」の2択だけではなく、着心地が好きじゃない、似合わないなど、追加の情報が入ることで、「じゃあ処分しよう、手放そう」と決断する気持ちをサポートするからです。そして決断のごほうびに、「着ない服を5着処分したら今の自分に似合う服を1着買う」と決めるのも良いですよ。さらに作業に弾みが付きます。

 

いかがでしたか?この方法で成功する方は沢山いらっしゃいます。例えば、先日お目にかかったご夫婦は、ご主人も奥様も購入時に高かった20年以上前の服を多くお持ちでした。要るか要らないか長い間悩み、結局整理は全く進まない状況だったようです。この方法をお勧めしたところ、なんでこんな服を置いていたのか、悩んでいたことすらおかしくてスッキリ手放せましたという、感想を笑顔でいただきました。クローゼット整理に失敗経験のある方も、これから作業する方も。ぜひお試しくださいね。

(著:長野 裕香/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

長野 ゆか
この記事を書いた専門家:長野 ゆか

アイデア・おしゃれ収納ではない「本当の片づけ」を伝える

整理収納アドバイザー。3児の母。元片づけ苦手経験を持ち、現在は講師。ストレスの軽減、「誰でも・すぐできる」情報をご提供。
ブログ:オフィスミカサ公式ブログ | おかたづけとweb・メールのサポートをする奈良の会社

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!