必要な時にすぐ見つけたい!「保険証券」の整理ってどうするの?

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

main出典:http://cataso.jp

いざという時の為の保険。でももし自分に万が一の事があった場合、家族は保険会社にちゃんと請求してくれるでしょうか?そもそもどんな保険に入っているのか、自分以外の家族が知っているでしょうか? ただ重要書類だからとしまっておくだけじゃ、いざという時に請求できず全く意味がありません。急に不安になったアナタ、ぜひこの機会に加入保険を一括して整理しませんか。本当に使える保険書類の整理の仕方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.バラバラ保管はNG!一括管理(ひとまとめ)が鉄則

医療保険に生命保険、損害保険など、様々な保険を複数の保険会社で加入している人も多いと思います。保険会社別、家族別に保管せず、全てひとまとめに、家族で一括管理できる保険ファイルを作りましょう。

■2.「誰が何の保険に入っているか」がポイント

保険ファイルの出番っていつでしょうか?それは自分もしくは誰かが保険の請求や解約を行う時です。 この時に誰が・どんな保険に入っているかがひと目でわかれば、とてもスムーズに必要な書類を探せますよね。では以下のステップを参考に整理を始めてみましょう。

●step1

保険書類を集めます

証券や提案書などは保管し、新商品の案内などのチラシや過年度のお知らせ等は破棄しても大丈夫です。約款はWebで確認できる会社も増えていますので、紙ベースの保管でなくてもいいかもしれませんね。

●step2

家や車を対象とした「損害保険」、人を対象とした「生命保険」などに大きく分けます。

●step3

次に「人」別(=被保険者)に保険書類を分けていき、更に、それを種類別に、医療保険・生命保険など分類しながら綴じていきましょう。担当者が決まっている保険は、そのページに名刺を貼っておけば分かりやすいですよ。

3.仕上げに、加入保険の一覧表とインデックスを貼っておく

ファイルが出来たら、見やすくする一工夫として、表紙の裏に「加入保険の一覧表」を貼り、保険毎の各ページに「インデックス」をつけておきましょう。

●「加入保険一覧表」

sub1出典:http://cataso.jp

被保険者の名前・種類・保障額・掛け金などを書いておきます。こうすると、誰がどんな種類の保険に加入していて、月々いくら保険料を払っているか、また保障はどのくらいか一目瞭然!保険の見直し時にも役立ち、ライフプランも立てやすくなります。
写真では例として会社名をA.B…としていますが、実際には具体的な名称を記入して下さいね。

●「インデックス」

sub2出典:http://cataso.jp

各ページに具体的な名称を書いた見出しインデックスを付けておきましょう。探す時に目的の保険をすぐ見つけられますよ。

 

いかがでしたか?私がこのファイルを作ろうと思ったのは、保険の見直しを考えた時でした。相談した保険会社の方に「今どんな保険に入っていますか?」と聞かれ、慌てて色んな保険ファイルをかき集めたのがきっかけです。家族の保険をまとめてファイルにする。そして普段からその置き場所を家族に伝えておくようにすれば、万が一の時でも安心ですよね。いざという時に使えてこそ、本当の〝備え″と言えるのではないでしょうか。

(著:笹田 奈美子/cataso専門家ライター)

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!