やっぱりキッチンの収納って大事!「お玉」を1つにするメリット3つ

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

キッチンの「お玉」を1つにするメリット3つ出典:http://cataso.jp

お料理をしていて、お玉を引出しから取り出そうとしたら、他のキッチンツールと絡み合ってなかなか取り出せないということはありませんか?吊り下げている場合は、ひとつのフックにいくつものキッチンツールを掛けていて、お玉を取るときに他のモノが落ちてイラッとしたり…。

そんなときは、もしキッチンに2つ以上のお玉があるなら、それを1つにしてみてはいかがでしょう?お玉を1つにすると、3つのメリットを生むのです。今回はその3つのメリットを順番に紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■1.収納スペースが半分で済む

当たり前のことですが、2つあったお玉が1つになると、収納スペースは半分で済みます。収納スペースそのものを2倍に増やすということは簡単ではありません。でも2つのお玉を1つにするだけでお玉1つ分のゆとりが生まれるのです。

そうすると、引出しの中に入れたキッチンツールの中からお玉を探す手間が減り、他のモノと絡み合ったり、引出しがなかなか開かないということがなくなります。吊るす収納の場合も、サッとお玉を取りやすくなります。

■2.シンクに洗い物が溜まらない

お料理のときに今まで2つのお玉を使っていた人は、それが1つになると、たちまち困るかもしれません。同時に2つの料理を作っているときにお玉が1つしかないと、いちいちそれを洗わないといけないからです。

実際、私が毎日の夕食を作るまでの我が家のキッチンはそうでした。夕食の支度を終えた後のシンクにはお玉が2つ、鍋が2つ、包丁が2本…という具合で、汚れた調理器具がシンクから溢れそうな状態でした。しかしお玉を1つしか使わないようにするといちいちそれを洗わないといけません。そうするとついでに他の汚れた鍋なども洗いますから、夕食の支度を終えた後のシンクには以前のように洗い物が溜まることはなくなったのです。

■3.他のモノも1つで済むようになる

もうお気づきのことかと思いますが、お玉が1つで済むようになると、他の多くのモノも1つで済むようになります。1つのお玉を洗って使うようになると、鍋も包丁もザルも同時に洗って使うようになるからです。

たとえばザルを2つ使うと、シンクはいっぱいになりやすく、狭いシンクで洗い物をするのは大変で、片づけるときは2つのザルをしっかり拭かなければなりません。しかし1つのザルを洗って使いまわせば、シンクはいつもスッキリ、洗い物は楽で、片づけるときにしっかり拭かなければならないザルはたった1つです。

これはまさしく快感です!2つあったお玉や他の調理器具が1つになると不便に感じることもありますが、1つになって得られたメリットのことを考えれば、もう“何でも2つあるキッチン”には戻れなくなります。

 

このように、2つのモノを1つに減らすということはすごく単純ですが、とても大きな効果を生むのです。ギュウギュウ詰めだった引出しに1つ分のゆとりが生まれ、お料理の際にイライラすることがなくなります。夕食後にシンクから溢れた洗い物の山を見てゲンナリすることもなくなります。さらに2つのお玉が1つになったメリットを感じてしまうと、他のモノも1つで済ませたくなってしまいます。そしてそれはキッチン以外の場所にも波及していってしまうのです。

片づけの基本はまずキッチンから。そしてそれは2つのお玉を1つに減らすことから始まるのです。

(著:芝谷 浩/cataso専門家ライター)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!