ムダで危険?!「靴の箱」を減らして”快足収納”を手に入れよう

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

IMG_5701出典:http://cataso.jp

靴を買ったら当たり前のように持ち帰る「靴の箱」ですが、家に溜めこんでしまうと大変危険です。靴を箱に入れっぱなしで存在を忘れたり、いつの間にかカビが生えて履けなくなったり、気がついたら流行遅れになっていたり。さらには靴以外の収納で何かに使おうと溜めこんでしまい、スペースも無駄にしてしまいます。この危険で無駄な「靴の箱」が減らしやすくなるポイントをお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

■1.「日常履く靴」の箱はいらない

ビジネスシューズやパンプス、スニーカー、長靴など、年間を通して履く靴の箱は、まずいらないでしょう。これらの靴は、下駄箱の取り出しやすい場所に常に収納しておきます。もし、箱に保管しようと考えた時は、もう履かない可能性大ですので、靴の処分を考えましょう。

■2.大容量の下駄箱なら、箱は「全捨て」

下駄箱スペースに余裕があれば、全ての靴を下駄箱に収納できるはずですので、保管目的の「靴の箱」は必要なく、”全部捨てる”でよいでしょう。靴を購入したら、箱から出し、すぐに下駄箱に収めておきましょう。

■3.しまいこみがちな「専用の靴」を持たない

IMG_5703出典:http://cataso.jp

冠婚葬祭や、何か特別な時に履こう!と箱に入れて大事にしまっておいても、いざ出してみると劣化していたり、カビが生えていたりするものです。なるべくならば、「専用の靴」とせず、日常でも履けるような靴を選ぶとスペースが有効に使えますよ。

■4.ブーツの箱など、必要なケースも有り

夏のサンダルや冬のブーツなどのシーズンものの箱は、購入時にいるかいらないか見極めたいですね。値段が安い、または流行の靴など、1シーズンで履きつぶす可能性の高い靴の箱は必要ないでしょう。反対に、ぴったり収納できるブーツの箱はなかなかないので、翌年まで保管する場合は慎重に判断しましょう。

■5.靴収納以外に使おうと思わない

靴の箱はしっかりとしているものも多く、靴収納以外で「何かに使えるかも」と思いがちです。いつか使おうと空箱を溜めこんでしまう危険があるので、オフシーズン靴とお下がり靴の保管以外で使おうとするのはやめてしまいましょう。

 

とりあえず靴の箱にしまって重ねておいたり、ついつい溜め込んでしまわず、今一度見直してみましょう。ムダな箱を減らすと、快足生活を手に入れることができますよ。1番手っ取り早いのが、レジで瞬時に判断して「箱はいりません」と断ることです。箱から出して履くわけですから、箱がなくても大丈夫ですね。

(著:佐々木 弓子)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!