「職場の収納」は家よりもキレイに!働きやすい環境づくりのコツ

とみやす かおり

とみやす かおり

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

最近では職場の「整理整頓」が、会社の業績にも影響を与えていることが注目されてきています。とはいえ、なかなか我が家のことほどには、職場のことを自分のコト化することは難しいですよね。 そこで、ちょっとした心がけで職場を快適にするコツをご紹介します。

■1.次に使う人のことを考えて収納する

○自分のモノと同じような扱い、できていますか?

職場のモノの場合、どうしても自分たちのモノという意識が低く、自分が買ったモノじゃないし・・・という気持ちが働いてしまい、扱いもずさんになりがちです。次の人が気持ちよく使えるように収納しましょう。

○定位置に収納するプラスもうひと心がけ。

備品を使い終わり定位置に戻して収納する、この時、次に使う人のことを考え、もうひと心がけしてみましょう。

例えば、電源ケーブルやACアダプターなど、何かしらのコードが付属している什器備品を収納する時、本体にコードをグルグル巻きつけたり、軽く結んで収納したりしていないでしょうか。このような収納は、ねじれてしまっていたり、ほどきづらかったり、と次に使う時に使いづらい場合があります。次に使う人が、グチャグチャに入ったコードを専用ケースから取り出してガッカリ、なんてことが無いようにしたいですね。

■2.職場は他人の集まりであることを意識する

○家よりも、ほんの少しだけキレイを心がけて

職場での収納は、お家よりもほんの少しだけキレイを意識してみましょう。お家の場合、そこに集う人たちは家族ですので軽口をたたきながら許し合えますが、職場の場合はほんの少しの「ま、いっか!」は通用しない、と思っていた方が良いかもしれません。

○キレイな空間は、人間関係をより良くしてくれます

引出しや扉が半開きになっている、シュレッダーのゴミや穴あけパンチの屑が満杯なったまま放置されている…ということはありませんか?

自分から、職場の人たちが「気持ちよく過ごせる空間作り」を心がけましょう。そうすることで、単に使いやすく収納されている職場環境であるだけではなく、そこに集う人たちの人間関係をより良い状態に導いてくれます。

 

いかがでしたか?これらは誰もが今すぐに始められる、簡単なことばかりです。職場は私たちの日常の中で、多くの時間を過ごす場所。そこに集う仲間たちと笑顔で気持ちよく時を共にできるよう、早速実践してみましょう。

(著:とみやす かおり)

とみやす かおり
この記事を書いた専門家:とみやす かおり

あなたの「いつも」を大切にする整理収納アドバイザー

家族みんなの「ベストバランス」を見つける暮らし方。片づけとは、家族みんなが幸せな暮らしを送るための手段。心が少しでも軽くなるようサポートします。
ブログ:ゆとりクリエイト ~千葉松戸・ 整理収納アドバイザー とみやすかおり ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!