お弁当作りが楽しくなる「ワンハンドでつかむ!スムーズ収納」

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

お弁当を作る頻度は人によって様々ですが、忙しい朝に作るのですから、パッ!とスムーズに作りたいものですよね。

お弁当作りに使うグッズ類は、”収納の仕方1つ”で時短にもなり、メンタルにも影響すると言っても過言ではありません。きっとお弁当作りが楽しくなる、ワンハンドでつかめるスムーズ収納についてお伝えします。

■1.ピックやおかずカップはオープン収納

弁当グッズ収納

出典:http://cataso.jp

お弁当作りに欠かせない、かわいいピックやカラフルなおかずカップ、キャラ弁を作る方は更に多くのアイテムを使いますね。購入時に包まれていたパッケージは全て取っ払い、オープン収納にしておくと、ワンハンドでパッと掴むことができ、作業効率もぐんと上がります。

■2.毎日使うお弁当箱は、ざっくり収納に

IMG_5913出典:http://cataso.jp

お弁当箱を洗った後にきっちり拭いて、フタや仕切りをしてピタッと収納するのは少々面倒なものです。半乾きの状態でお弁当箱も付属品もろとも、カゴなどにざっくり収納すると、勝手に乾いてくれてラクですね。カゴの中は最小限のお弁当箱だけにして、使う時に組み立てればいいのです。毎日作る人には特におすすめです。

■3.戸棚収納は、カゴにまとめて取り出しやすく

IMG_5912出典:http://cataso.jp

ピックやおかずカップ、バランなどよく使うものがあれば、腰高の位置など、すぐに掴める場所がおすすめです。しかしながら、お弁当頻度の低い方は、お弁当箱本体は吊り戸棚などに収納してもいいですね。その際、アイテムがバラバラにならないようにカゴにまとめておくと取り出し易く、しまい易いですね。

■4.外回りのアイテムは1か所収納で、うっかり忘れも防げる

箸やお弁当バンド・ナフキン・お弁当袋などの外回りアイテムは、可能な限り1か所に収納するといいですよ。うっかり忘れるなどを防ぐことができ、支度と片付けもラクに終わります。家それぞれの収納に合わせて、ご自分のベストな位置を模索してみてください。

 

忙しい朝、寒い朝、お弁当作りが億劫になりがちですが、ワンハンドで掴んでスムーズに作業が進むと気分も上がること間違いなしです。また、よく使う調理ツールなどもワンハンドで確実に掴める収納にしておくと、さらにスムーズにお弁当作りができますね。ワンハンドを意識して是非取り組んでみてください。

(著:佐々木 弓子)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!