「園」の収納が最高のお手本!子供が片付けられる仕組み作り

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

幼稚園や保育園ではきちんと片付けられるのに家では片付けられない、我が子のそんな姿にどうして?と思われた事はありませんか?
家では、甘える気持ちで片付けられないという理由もありますが、一番の原因は「おうちの収納が子供目線で作られていない」事にあります。それに対して、「園」の収納は、徹底した子供目線で作られています。

今回は子供が片付けられるようになる、「園」の収納のポイントについてお伝えいたします。

 

スポンサードリンク

 

■1.すべてのモノに住所が決まっている

色鉛筆はここ、ハサミはここ、折り紙はここ、という風に園で使用するすべてのモノにはきちんと住所が決まっています。

これは後で使う人が困らないため。自分だけのためではなく、他の人のために片付ける事を学ぶ事は人を思いやる気持ちに繋がりますね。

■2.自分のモノの場所をマークでラベリング

多くの園では、園児それぞれにうさぎやリボン、飛行機といった「自分専用のマーク」があります。字がまだ読めないお子さんも、このマークを目印に自分のモノを元に戻す事が出来ます。

ご家庭でも、お子さんのマークや色を決め、”ラベリング”しておくと、自分のモノの場所が分かりやすくなりますよ。

■3.シンプルに、オープンな棚に置くだけ収納

園では、手先の機能がまだ発達しきっていない小さな子供に合わせて、モノの出し入れがしやすいよう、ごくシンプルで、オープンな棚にポンと置くだけの収納が多くみられます。

おうちではスッキリ見えるよう、つい扉付きの家具を選びがちですが、子供にとっては、扉を開けてから”しまう”という片付けは、ハードルが高くなります。子供が小さな間は、スッキリ感よりも、子供の出し入れのしやすさを優先した方が、お互いストレスなく暮らせます。又、子供の自立にも役立ちます。

■4.子供の背の高さに合った収納用品

園の収納用品は、すべて子供の背の高さに合わせた、低めのもので揃えられています。
子供の背の高さに合わせた収納にしておくと、おうちの人が手伝わなくても、一人で身支度や片付けが出来るようになります。

収納用品を選ぶ時は、子供の背の高さに合った低めのものにするか、棚やポールの位置が可動するものを選ぶようにするといいでしょう。

 

「園」の収納には、子供が片付けやすい工夫がたくさん。家中を子供仕様にする必要はありませんが、おもちゃや子供の身の回りのモノは「園」の収納をお手本に、仕組みを作ってあげると子供が片付けやすくなります。参観などで園に行かれる際は、お子様の様子と合わせて、ぜひ収納にも注目して観察してみて下さいね。

(著:中西 彰子)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!