しまい込むだけが収納じゃない!掃除機を「出しっぱなし」にすべき3つの理由

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

しまい込むだけが収納じゃない!掃除機を「出しっぱなし」にすべき3つの理由出典:http://cataso.jp

収納って、収納家具の扉の中やクローゼットの中にモノをしまい込むことだと思っていませんか?もちろん答えは「ノー」です。何でもしまい込んでしまうのではなく、出しておくモノとしまい込むモノのバランスを考えることも収納では大切です。でもついつい、収納を頑張りすぎると掃除機もしまい込んでしまいがちです。私の経験から言うと、ざっと半数の方が押入れやクローゼットにしまい込んでいます。

決してそれは間違いではありません。しかし掃除機を出しっぱなしにすることで得られるメリットが3つもあるのです。今回はそれについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■「出しっぱなし」なら、片づける場所や方法で悩まない!

掃除機をしまい込むとなると、一般的には押入れやクローゼットの中になります。しかし押入れに掃除機を収納するとなると、掃除機本体とホースを分解したり、掃除機ワゴンのようなものを使う必要があります。またクローゼットに収めると、高さも奥行も中途半端になってしまって、他のモノが収めにくくなりがちです。

しかし、掃除機を押入れやクローゼットにしまい込まずに出しっぱなしにすれば、そんなことで悩む必要はありません。また、押入れに入れようか、クローゼットに入れようかなどと、収納場所を考える必要もありません。掃除機を出しっぱなしにするだけで、収納がグッと簡単になるのです。

■「出しっぱなし」なら、代わりに他のモノを収納できる!

今まで片づけたり取り出すのが面倒だった掃除機。それを押入れやクローゼットから出してしまうと、当然そこにスペースが生まれます。掃除機を出しっぱなしにすることで、そこに他のモノを収納することができるのです。

掃除機は中途半端に大きくて形もいびつなため、思った以上にスペースを取ってしまっています。そのため、掃除機をひとつ出すだけで、思った以上に多くのモノを収めることができたり、他のモノを収納しやすくなるのです。

■「出しっぱなし」なら、掃除機がいつでもサッと使える!

掃除機を押入れやクローゼットの中にしまいこんでしまうと、出すのも戻すのも面倒です。逆に、出しっぱなしにすると、いつでもサッと使えますし、簡単に元に戻すことができます。掃除機を出したり戻すのが億劫でなくなれば、掃除に対するハードルを下げることができます。掃除機を出しっぱなしにすることで、こまめに掃除機をかける習慣が身に付くのです。

今まで几帳面にしまい込んでいた掃除機を出しっぱなしにするだけで、収納がグッと簡単になります。また、掃除をすることが気楽になります。

 

もし、出しっぱなしにすることで生活感が出てしまうようなら、満足のいくデザインのモノに買い替えるというのも良いでしょう。それが見せる収納です。しまい込むモノと出しっぱなしにするモノのバランスを考えて、使いやすく美しい収納を心掛けましょう。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!