「捨てる」だけではダメ!リバウンドしない片付け方

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

ゴミ箱出典:http://cataso.jp

【質問】

先日テレビで、部屋を片付ける番組を見ましたが、自分には到底できると思えません。

家中にゴミ箱を置いておけば、すぐに捨てられて片付いた部屋になるのではありませんか?

愛着がわく前にモノを捨てるとか、ゴミ箱に溜まったゴミは一週間たったら捨てるように習慣づけたら、リバウンドしませんか?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■ゴミ箱を多く置いても片付かない

「どうしたら片づくか?」という気づきが持てたのは、大変良いことですね。

しかし、家中にゴミ箱を設置するという行動はNGです。何故なら、片づけができていない家では家中にあちこちゴミ箱が置いてあるからです。私はいろいろなお宅を拝見しましたが、ゴミ箱を多く置いてあるお宅ほど片づいておらず、ゴミ箱が見当たらないようなお宅ほど片付けができているものです。

■「片づける」と「捨てる」をリンクさせない

リバウンドをしない片付け方法はあります。「片づける」と「捨てる」を直接リンクさせないことです。「片づける=まず捨てる」と思っているうちはリバウンドし続けますよ。ゴミ袋を手に握って片づけ始めては、片づかないのです。
リバウンドしない為には、自分としっかり向き合ってみることです。とは言え、自分のことは意外と自分では分からないものですから、目の前のモノを充分に観察してみて下さい。

■モノを観察して、自分の「傾向と対策」を知ろう

そのモノを観察するというのは、モノとの出会いから現在の状態に至るまで、いろいろ情報を得ることです。そのモノは好きだったから購入したのか?高価だったから処分ができないのか?プレゼントされたから置いてあるのか?などです。そうすれば、ご自分の「傾向と対策」がわかりますよ。

 

ただゴミ箱を並べても、片付けられる自分になれるわけではありません。自分自身の傾向と対策が見えて来たら、それを踏まえて「どう行動するか」は、あなた次第です。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!