「DMの山」を手早くスッキリさせるポイント6つ

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

IMG_6123出典:http://cataso.jp

毎日のようにポストインされるDMなどの郵便物やチラシ。帰ってきてそのままカウンターやテーブルの上に放置してしまい、気が付いたらDMの山。目を通すことも、うんざりしてしまうことはありませんか?DMの山を作らず常にスッキリ、溜め込まないための6つのポイントをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1.あえて目につく邪魔なところに置く

持ち帰ったDMなどは帰宅後に、「とりあえず置き」がしやすいダイニングテーブルやパソコンの上などに、ドーンと置いてしまいましょう。嫌でも目に付くので非常に邪魔になり、片づけざるを得ない状況となります。玄関は忘れてしまいがちな危険な場所なので、ひとまずリビングまでは運びましょう。

■2.大事な郵便物だけを確保する

すぐに片付けることができなくても、とりあえずは大事な郵便物を確保し、DMやチラシとは分けておきましょう。その時に「即捨て」と判断できるモノは躊躇せずにゴミ箱へ。それだけで見た目スッキリ、半分以下のボリュームとなり後が楽ですよ。

■3.読まなくてもいい!という見逃す勇気を持つ

IMG_6125出典:http://cataso.jp

自分に関係のある大事な郵便以外は、本来、自分が求めたものではなく、勝手に入ってきた情報です。それらを全部読まなくてはいけない義務はありません。読む時間もないだろうし、今の自分にはきっと必要ない情報だと考え、時には見逃す勇気を持ちましょう。

■4.封筒はすぐに捨ててししまう

カードのご利用明細などは、チラシやおしらせが同封されていますので、かなりのボリュームです。中身をチラ見して、とりあえず封筒に戻し、そのまま放置というパターンは危険です。1度開封したら、その勢いで封筒は捨ててしまいましょう。袋がなくなると中身を区別しなければならない状況になり、瞬時にいらない情報をスッキリさせる習慣が身に付きます。

■5.ゴミ箱は大きめでフタなし

出来ればDMの山を置いておく場所の近くには、大きめでフタのないゴミ箱があるといいですね。バンバン捨てられる、捨てやすい環境にしておくことが重要です。

■6.フォルダーやBOXに甘えない

IMG_6127出典:http://cataso.jp

ついつい、DMを入れておきたいとりあえずBOXなどを設置してしまいがちですが、吹き溜まってしまう可能性が高く、大変危険です。保管すべき重要なモノだけを残し、それらには専用の場所を作って収納するようにしましょう。

 

毎日ポストインされるDMやチラシですが、封筒を開けてみると、重要な情報はほんの一部です。DMの山になる前に瞬時に分けて、必要のないものは溜めない、家から出す、という習慣を身に着けることで、素敵なテーブルやカウンター回りが手っ取り早くスッキリ片付きます。早速やってみてくださいね。

(著:佐々木 弓子)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!