たまりがちな「紙袋を活用しながら手放す」5つの裏ワザ

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

紙袋_Fotor出典:http://cataso.jp

いつのまにか増えてしまう紙袋。手放すきっかけを失っていませんか?紙袋を活用しつつ、手放す方法をご紹介いたします。すぐに使える裏ワザばかりなので、ぜひ試してみて下さいね。

■1. ゴミ箱にする

透明のゴミ袋に直にゴミを入れるのは気がひける場合も、紙袋に捨ててからゴミ袋に入れれば安心です。

お気に入りの紙袋がいつでも目に入る状態だったら、やる気が出ない日でも片づけや掃除のテンションがあがりますよ!お部屋に、デスク周りに、トイレに、とあちこち置いて、ゴミが出たらその場で捨てるようにするとお掃除も楽ちん。

■2. ブックカバーにする

外で本を読みたい時も、ブックカバーがあれば周りを気にせずに読むことができます。大事な本が傷んでしまう心配もありません。ちょっと変わったサイズの本でも、手作りなら問題ナシ!季節や気分によって気軽に使い分けることができます。紙袋を切ったり折ったりするので、一般的な紙袋か、薄めの紙袋を使うと作りやすいですね。

■3. 収納用品として活用

紙袋 目隠し_Fotor出典:http://cataso.jp

お気に入りのショップのロゴが収納用品になったら素敵だと思いませんか?

透明の収納ケースの目隠しに、お気に入りのショップの紙袋を利用しましょう。目に入るたびにニンマリしてしまいそうです。小物類の収納にも、紙袋を適当なサイズに折り曲げれば収納用品として使うことができます。

■4. 野菜ストッカーとして活用

紙袋の持ち手部分を切って、野菜ストッカーとして活用します。薄い紙袋だったら折り曲げて厚みをつけると安定しますよ。汚れたら捨てられるので便利です。野菜室の掃除も楽ちんです。

■5. メモ用紙!

紙袋も紙でできているわけですから、小さく切ってメモ用紙にしてしまいましょう。

電話のそばに置いてもよし、デスクに置いてもよし。かわいい紙袋のメモ用紙なら、誰かに渡す時もつい自慢したくなっちゃいますね。字をかくので、白か、または薄い色の紙袋がおススメです。

 

紙袋を「何かに使えるかも」と大事にとっていても、変な折り目が付いたり色が焼けてしまったりしてガッカリしてしまったことはありませんか?

紙袋は必要な枚数だけ持つようにし、オシャレな紙袋だからこそ身の回りで使うようにしましょう。

(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!