意識すると生活が変わる!「使う場所の近くに」収納アイデア7選

長野 ゆか

長野 ゆか

整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント

出典:http://cataso.jp

収納の原則として「使う場所の近くに置く」というものがあります。そうしているつもりでも、案外自分の家ほど「慣れ・習慣・当然」の感覚から、そうなっていないことが多いのです。

今回は、いくつか「使う場所の近くに置く」収納事例をご紹介します。「なるほど!」という発見や、「我が家なら、これを応用すれば便利になりそう!」というようなアイデアが生まれる”きっかけ”になればと思います。

■①マフラーのそばに「マフラーの巻き方」の本を

そのまま本棚に並べておくだけでは全く役に立たないのが、この手のノウハウ本です。お料理本をキッチンに置いていらっしゃる方は多いですよね。これと同じで、マフラーを手にした時に「マフラーの巻き方」の本が出てくれば、本を手に取る回数も増えそうです。パソコンの便利な使い方の本なら、パソコンの横。写真の撮り方の本なら、カメラの横。

それでも使わなければ「その本が本当に必要か?」を考えてみてはいかがでしょうか。

■②メガネふき・クリーナーは、メガネ置き場のそばに

普段あまり使わないメガネケースの中に「メガネふきを入れっぱなし」のケースが多く見られますが、これだとメガネふきの出番が減ります。おすすめの置き場所は「普段メガネを着脱する場所、置く場所」の近く。寝る時にメガネを外す人なら、寝室の棚。コンタクトを外した時にメガネをかける人は、洗面に。

メガネを着脱する時にメガネふきが側にあれば、外した時やかける前に拭きやすくなります。メガネのメンテナンスのために、家をウロウロしなくてもよくなりますよ。もちろんリビングでくつろぎながらメガネを拭く方であれば、リビングに置くのがベターです。

■③ハブラシ・歯磨き粉を、お風呂の中にも!

ご家族の中にお風呂で歯を磨かれる方がいらっしゃる場合、「歯磨き粉をお風呂に入れっぱなしで、洗面所に戻してくれない」「使おうと思った時に、洗面になくてイライラ」ということはありませんか。この場合は、いっそお風呂用に歯磨き粉をもう1つ準備しましょう。

歯を磨く場所にそれぞれ歯磨き粉を置いておくと、使う本人も便利になり、家族のイライラ問題も解決します。

■④ゴミ袋を、ゴミ箱の底に置いておく

ゴミ箱の底に、ゴミ袋を収納し、その上から、いつものようにゴミ袋を1枚かけてみて下さい。ゴミでいっぱいになったら、袋の口をくくりますよね。すると次の1枚をかける袋は、底から取り出せばOK。別の場所へゴミ袋を取りに行かなくてすむので、とっても便利です。

ただしキッチンのゴミ箱など、万が一、水などが洩れてしまったり、臭いがつく恐れのあるゴミ箱にはおすすめできないので、注意して下さいね。

■⑤軍手も使う場所に置く。工具箱の中も一例

軍手を手袋と一緒に保管されているのを見かけますが、これでは使う時にわざわざ取りに行かなければいけません。我が家では、工具箱の中に一緒に収納していますが、これも一例。

ご自宅で必ず軍手が必要になる場面はいつですか?その時に使う場所に、もしくはその時に使うものと一緒に置いておくと便利です。

■⑥宅急便用のハンコは、玄関に

宅配便がよく届くご家庭なら、玄関に「宅配便用の判子」を置いておくのがおすすめ。ただしお子さんの連絡帳に押すなど、他の用途での利用頻度が高いなら、もう1つ「連絡帳用の判子」を準備して「よく使う場所の近く」に置いてもいいですね。

■⑦0~2歳児のモノの置き場は、親のアイデア次第!

例えば「エプロン・タオル・新聞・ティッシュ」をダイニングテーブルの近くに置けば、食事の時の準備が早くなります。お出かけの時しか靴下を履かないなら、玄関に子どもの靴下を置く場所を作ると便利です。また子どもの鼻水を拭くタイミングが頻繁にある場合は、ポケットティッシュを「子どものポケット」に入れておくと、移動式の「使う場所の近くに設置する」が完成しますね。

 

同じものでも、各ご家庭によって使う場所が違ったり、衛生面や見た目による好き嫌いが出ることもあります。あくまで一例として、参考にしてみてくださいね。「使う場所の近くに置く」収納で圧倒的に生活が便利になり、時短につながることを感じて頂ければ嬉しいです。ぜひぜひ、みなさんのご家庭に合わせた「これ、ここに置いたら便利になりそう!」な収納を、追及して下さい。

(著:長野 裕香)

長野 ゆか
この記事を書いた専門家:長野 ゆか

アイデア・おしゃれ収納ではない「本当の片づけ」を伝える

整理収納アドバイザー。3児の母。元片づけ苦手経験を持ち、現在は講師。ストレスの軽減、「誰でも・すぐできる」情報をご提供。
ブログ:オフィスミカサ公式ブログ | おかたづけとweb・メールのサポートをする奈良の会社

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!