価値観はそれぞれ!家族のモノを片付けたい時に考えて欲しいコト

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

8c30bc55ef47cd7e2e687c882f8d4d48_s

好きなものや多く持っているものは人それぞれ。それを他の人から見たら・・?というのは中々考えにくいものです。

自分は片づけたいと思っていても、相手との意見が一致しなくて片づけられない!とお悩みの方からご相談をいただいたのでご紹介します。

【質問】

家族の持ち物が多いので悩んでいます。特に、カバンや服が多く感じます。

私が思うに、片付けの中で「カバンと服」が多いのは、一番悪いパターンではないでしょうか。服はまだチェストや衣装ケースなどに収納できるのですが、カバンの収納はわかりません。本人に、処分したらと問いかけても、捨てるモノがひとつもないと言っています。ほとんど使っていないのに捨てられないので、収納する場所の確保に追われています。

捨ててしまえば解決しますが、後で揉めてしまいます。捨てるモノを聞いても「ない」と答えられたら、どうしたらいいんでしょう?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■「何を多く持っていたいか」は人それぞれ

私の妻もカバンが大好きで数も多いので、そのお気持ちは確かによくわかります。

ただ「片付けの中でカバンと服が多いのは一番悪いパターンではないでしょうか。」とありましたが、何を多く持っていたいのかは人それぞれです。決してカバンと服が多いこと自体が悪いパターンという訳ではありません。

■カバンや服が多いのは、ストレスが原因の可能性も

カバンが多くて悩んでいらっしゃる方の、靴の数はどうでしょうか?

カバンや服と同じように靴もたくさんお持ちのようであれば、ファッション全般がお好きな方なのだと判断できます。私の経験上、靴の量はそれほど多くないようであれば、ストレスからカバンや服を購入してしまっている可能性があります。

ファッション全般がお好きなようであれば、出かけるときにカバンや洋服を選びやすい収納を提案してあげてください。片づけ方が気になるくらい周りを見られているので、きっといい収納方法を提案できると思います。

もしストレスが原因でカバンなどを買っているような場合は、根気強くストレスの根源を探ることからはじめるのが良いでしょう。

■人は、メリットを感じないと行動できない

自分は「片づけたい」と思っていても相手がそう思っていない場合、そのギャップが埋まってないことが原因のひとつと言えます。

片づけだけではなく、人は何らかのメリットを感じないと行動できないものです。片づけで得られるメリット以上に、片づけでエネルギーを使うことなどにデメリットを感じられているのが現状かと思います。この状態を逆転させないと、片づけを自ら行うことは難しいでしょう。

 

人のモノを片づけるときは、自分の考えだけではなく相手の考えや行動を理解してから片づけることが重要です。一度、ネットで「収納なび」と検索してみてください。もしかしたら診断結果が参考になるかもしれません。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!