冬の必需品の住所を決めて、収納の「冬支度」を

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

冬の気配が感じられる季節になってきました。インテリアをクリスマスモードにチェンジされたご家庭も多いかと思います。インテリアを変える際に冬の必需品にも定位置を決めて、収納も「冬支度」をしてみませんか?

 

スポンサードリンク

 

■「ひざ掛け」はソファーや椅子に

リビングでテレビを見たり読書をする時に使う「ひざ掛け」は、ソファーや椅子に掛けておきましょう。部屋にマッチする色目とデザインのひざ掛けがあれば、インテリア小物としても役割も果たしてくれるので、部屋の印象もグッと良くなりますよ。

■子供の「手袋」は玄関に

sub2出典:http://cataso.jp

我が家の子供たちの学校は12月になれば手袋の着用がOKなので、そのタイミングで玄関のカゴに手袋を置いておきます。

そうしておくと、「靴を履いてから手袋を忘れたのに気付いて部屋まで戻る」といった手間が省けますし、その辺に放りっぱなしになりにくくなります。

■「ハンドクリーム」を水回りに

sub3出典:http://cataso.jp

水仕事をしていると冬場はすぐに手が乾燥しがちに。夏場は洗面台のミラー裏に収めているハンドクリームを、冬場は水回りに出しっぱなしにしておきます。

水回りの目につきやすい場所に置いておくと、水仕事が終わったらサッとクリームを塗る習慣が付きやすくなり、手荒れを防げます。

■「マフラー」はクローゼットの端っこに

sub4出典:http://cataso.jp

マフラーはクローゼットのポールハンガーに掛けておくと、パッと見て分かりやすくコーディネートが楽になります。さらにマフラーの定位置を「ポールハンガーの一番端っこ」と決めておくと、他の掛けた洋服に紛れ込まずに探しやすいのでおススメです。

 

季節限定のアイテムは、住所を決めずについ取り敢えずその辺に置いてしまうと、部屋が雑然としがちです。これからのクリスマスやお正月のインテリアを楽しむためにも、冬の必需品に住所を決めて、部屋をスッキリした印象にしてみて下さいね。

(著:中西 彰子)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!