出かける前に「ここだけ」はキレイに!疲れて帰っても頑張れるワケ

秀島 知子

秀島 知子

整理収納アドバイザー(まるっとスッキリコンシェルジュ)

sub3出典:http://cataso.jp

朝早く出かける時や忙しい時には、部屋中を片付ける時間はありません。時間に追われていると「とりあえず帰ってきてから片付けよう」と思って出かけてしまいますよね。でも帰宅した瞬間に散らかっているモノを目の前にしてしまうと、余計に疲れてしまうことってありませんか?帰宅してからもスムーズに動く気持ちになれる、お片付けのコツをご紹介します。

■「帰って最初に目がいくところ」だけは、キレイにして出掛ける

sub1出典:http://cataso.jp

疲れて帰ってきても、もうひとがんばり出来るコツ。それは、「帰って最初に目がいくところ」だけはキレイにしておくことです。我が家の場合は、リビングの扉を開けると一番に目に飛び込んでくるのがダイニングテーブル。だからいつもここだけは、忙しくてもサッと片付けていくようにしています。

他の場所は散らかっていることもありますが、「それはそれでよし」という割り切りも大切。最初に目が行くところ以外は、時間に余裕がある時に片付けるようにすればストレスを軽減できます。

■テーブルの上を片付けるのにも時間がかかる…という方へ

sub2出典:http://cataso.jp

テーブルの上に置いてしまいがちな「新聞・プリント・教科書・本」などを、ざっくり入れられる一時的な置き場所を作りましょう。これらの一時置き場としてはファイルボックスがおすすめです。バラバラにおいてあると見た目にとても散らかった印象に見えますが、ひとまとめにしてファイルボックスにいれるだけで、かなりスッキリしますよ。

同様に、リビングなどで”洗濯物”などが目に入る場合は、とりあえずまとめて入れておける持ち運び可能なカゴなどに入れるのがよいでしょう。中身は同じでも、目に入る印象が格段に違ってきます。

 

「帰って最初に目がいくところ」は各ご家庭によって違います。自宅のどの場所に目がいくのかを認識するところから始めてみましょう。気持ちに余裕がない時には「苦手な家事が残ってもOK」、余裕があれば「洗濯・掃除・片付けと家事を順序よくやっていく」など、家事ルールを決めておけば気持ちもラクに過ごせますよ。よかったら試してみてくださいね。

(著:秀島 知子)

秀島 知子
この記事を書いた専門家:秀島 知子

「望む暮らしを手に入れる」ための、かたづけ術

広島在住。「かたづけなくちゃ!」というマイナスエネルギーを「かたづけたい!」のプラスエネルギーに変え、やりとげるお手伝いをしています。

ブログ:お部屋の整理とココロの整理をお手伝い

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!