洗濯のイライラも解消!「物干しアイテム」のスムーズ収納

石原あさみ

石原あさみ

整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザー、生前整理アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

欠かせない家事の一つ、洗濯。家族構成や生活スタイルによって朝干し派、夜干し派、外干し派、部屋干し派など、干す時間や場所は様々ですね。急いでいる時や疲れている時は手早く済ませたい人も多いのではないのでしょうか?洗濯物干しの時短やイライラ解消につながる、物干しアイテムの収納方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■洗濯物を干す時に使うアイテムは意外に多い!

ハンガーをはじめ、物干しピンチ、洗濯バサミ・・・人によっては布団用の洗濯バサミやズボン用、枕用のハンガーを使用している方も。家族が多ければ、洗濯物の量に比例してさらに複数必要な場合もあります。洗濯物を干すという作業には、意外にたくさんの道具が必要ですね。

■物干しアイテムは、まずは1箇所にまとめて

物干しの時に使うアイテム、つまり同じ場所で使うアイテムは1箇所にまとめてみましょう。身近にあるカゴや収納バスケット等を利用しても良いですね。収納用品の色を合わせると、より見た目にも統一感が生まれますよ。

そして、物干し場により近い場所に収納しておく事が出来ればベストです。使うところの近くに道具を収納しておけば動線を短くできて、あちこち動き回る必要がなくなりますよ。無駄な動きを減らす事で、作業時間も短縮出来るようになります。

物干しアイテムをまとめて収納しておけば、直射日光などで劣化したアイテムに早く気づきます。新しいモノに変えるなど、物の管理やメンテナンスもスムーズになりますね。

■洗濯アイテムの「からまり」はイライラの原因!

洗濯物を干す時に、イライラしてしまうのが、洗濯バサミ×物干しピンチ×ハンガーのからまり。ハンガーを取り出そうとすると、まるで釣りをしているかの如く、洗濯バサミももれなく一緒に釣り上げてしまった・・・そんな経験はありませんか?

「もう!急いでいる時に限って!」と声にでてしまうくらいに、このからまりを解くのはとてもストレスが溜まります。一見、いくら見ため良く収納出来ていたとしても、いざ作業する時に不満が生まれてしまっては決して快適な収納とは言えませんよね。

■ハンガー・ピンチは「引っ掛け収納」でからまりを防ぐ

sub1出典:http://cataso.jp

そんな「からまり」を解決するのが、突っ張り棒やタオルハンガーです。100円ショップ等でも簡単に手に入りますよ。棒の部分にハンガーやピンチを引っ掛けたり、挟むだけなど簡単に収納することができて便利です。

突っ張り棒ならば、壁を傷つけずにわずかなスペースにも取り付ける事ができます。タオルハンガーの場合は、取り付け方法が粘着テープ、吸盤、マグネットといくつかあるので、場所に応じて最適な取り付け方を選ぶ事が可能です。

■洗濯バサミは「カゴごと」引っ掛けて床置きなし!

sub2出典:http://cataso.jp

洗濯バサミ等の細々としたアイテムは、小さなカゴに入れてフックに掛けましょう。床に置かない様にする事で、立ったりしゃがんだりする必要が無くなります。ごちゃつきも解消できるのでイライラがなくなり、物干し作業をスムーズに行う事が出来ますね。

 

いかがでしたか?整理収納の改善の大切なポイントは「ストレスを無くす事」です。使う事が多い場所や物ほど、日頃の小さな不満が積み重なると大きな不満につながります。これがお部屋の環境の悪循環を起こしてしまうのです。

笑顔で過ごす機会が増えると大切な家族や友人、仲間とのコミュニケーションも良くなりますよ。効率良くお洗濯を行って、お部屋も心もスッキリお過ごし下さいね。

(著:石原 あさみ)

スポンサードリンク

石原あさみ
この記事を書いた専門家:石原あさみ

スッキリビング―お部屋も人生もスッキリ心地よく―

生前整理アドバイザー。お片付けを通じて得られる、ハッピーな暮らしや人生を楽しむ方法を提案します。

ブログ:♪あさみんのおうち☆ぱぁと2♪

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!