有名人も実践している!ミニマリストに学ぶ「モノを減らす」3つのコツ

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

有名人も実践している!ミニマリストに学ぶ「モノを減らす」3つのコツ

「ミニマリスト」という言葉をご存知でしょうか?ミニマリストとは必要最小限のモノで暮らす人のことです。ミニマリストは「2015ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされるほどに注目されており、あのスティーブ・ジョブズ氏もミニマリストだったと言われています。日本でも著名人ほか一般人に至るまでミニマリストを名乗る人が増えています。

究極にモノを減らすミニマリストの生活は、多くのモノに煩わしさを感じている人にとって憧れの存在である一方、現代の便利さや快適な暮らしを捨てることに不安を感じさせるものでもあります。
そこで今回は「必要最小限」とまではいかなくても、モノを減らすコツをミニマリストの暮らしぶりから学んでみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

■モノを減らすコツ 其の一「作らない」

料理を作るにはたくさんのモノが必要になります。食材、調味料、鍋、包丁、ザル、食器、電子レンジなど、こだわればこだわるほど種類は多くなります。しかし料理を作らなければこれらは一切必要ありません。

もちろんミニマリストの多くは料理をしないというわけではありません。むしろ必要最小限のモノで料理を楽しんでいる人のほうが多いと思います。しかし料理に限らず「作る」という行為を控えれば、モノを減らすことが可能なのです。

■モノを減らすコツ 其の二「揃えない」

趣味を始めるとどうしても「揃える」という行為は避けられません。集めるから揃える必要があるのであり、集めなければ揃える必要はないのです。

片づけの同意語である「整理整頓」は簡単に言うと、捨てて並び整えることです。モノを必要最小限にとどめればそこから捨てる必要はほとんどなく、並び整える必要もありません。ひとつモノを手に入れるとついつい「コンプリート」したくなってしまいますが、揃えないことを意識するだけでモノを増やすことを阻止できるのです。

■モノを減らすコツ 其の三「ストックしない」

食材、トイレットペーパー、思い出の品に至るまで、人はついついモノをストックしがちです。モノをストックするのは、将来に保険をかけたいからです。

急におなかが空いたらどうしよう、いま買っておかないと忘れるかもしれない、旧友に連絡を取る必要があるかもしれない。そういう不安があなたにストックをするように働きかけます。逆に「何とかなるさ」という気持ちを常に持つことで、過剰なストックを避けることができるのです。

 

このように「作らない」、「揃えない」、「ストックしない」という3つのことを心掛けるだけで、モノを減らすことができます。
「料理を作らないなんて、そんなことは無理だ!」そう言う人もいることでしょう。でも作るのは料理だけではないですよね。洋服、プラモデル、絵画など、作るモノは他にもたくさんあります。それらのうちひとつを作るのをやめるだけでもモノは減らすことができるのです。

ミニマリストについては否定的な人が多いのも事実です。しかし学ぶべき点があるのも事実です。まずはあなたが作ったり、揃えたり、ストックしているモノにはどんなモノがあるのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!