洋服をたたむのが苦手…「掛ける収納」選ぶならハンガーラックorクローゼット?

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

80417956110724434ef14e7e10e316e8_s

洋服にはたたんで「立てる収納」や「重ねる収納」などがあります。今回は「掛ける収納」をする際に気を付けることについてご質問をいただいたのでご紹介します。

【質問】

洋服をたたむのが苦手です。掛ける収納をしたいのですが、ハンガーラックかクローゼットどちらが良いでしょうか?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■違いは、扉があるかどうか

洋服を掛ける収納の代表格「クローゼット」と「ハンガーラック」。大きな違いは、扉があるかどうかです。扉がある「クローゼット」の方が、「ハンガーラック」よりも服につく埃を防げます。

■ハンガーラックは手軽で便利。掛け過ぎには注意

便利でついつい服やカバンをチョイ掛けしてしまうハンガーラック。使い勝手は良いのですが、掛け過ぎると服の重さでポールが抜けてしまうことも。実際の商品の質にもよるので、ハンガーラックの耐荷重を十分確認してから購入しましょう。

■服の選びやすさとスッキリ感ならクローゼット

クローゼットを開けた時に洋服がカラーやジャンル別に見やすく並んでいると気分が上がりますよね。服を掛けたポールの下のスペースに収納ボックスなどを置いて、小物やカバンも一緒に置いてみましょう。そうすれば動くことなく一箇所でトータルコーディネートが整いますので、時短にもなりますよ。

 

洋服の収納には決まった正解はありません。自分の生活パターンや習慣にあった収納方法がベストです。机やソファの上などあちこちに洋服を積んでしまっているなら、まずはハンガーにかけることから始めてみませんか。ハンガーの種類を統一し、また数を決める事で、あなたの服の指定席が完成します。

(著:笹田 奈美子)

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!