年末に”運気を上げる”お片づけ「ここだけは」整えたい3つの場所

大杉 悦子

大杉 悦子

整理収納アドバイザー、収納ダンドリスト

living-room-389264_640

慌ただしい年末ですが、ぜひやっておきたい3つのお片付けをご紹介します。迷わずに進められる手順やポイントもご案内しますので、年末のお片付けで運気を上げて、気持ちのよい新年を迎えて下さいね。

■1.玄関は「下駄箱を片付け」靴の出しっぱなしをなくす

家の顔でもある玄関、そして靴は活動の源です。本当に自分に必要な靴を残すことで自分の現在の状態と未来も見えてきます。玄関が片付いていると、年始にお客様をお迎えする場合も慌てずにすみますね。

下駄箱のお片付け手順

①まずは靴箱から全ての靴を取り出して、「使っている、使っていない」で分けます。よく履いていても踵がすりきれていたり、くたびれているものは思い切って処分しましょう。
②冠婚葬祭用や夏物などはまとめて箱に入れてもよいでしょう。箱にラベル表示をしておくと便利です。
③残す靴を、使用頻度や人ごとに分けて取り出しやすさを考えて収納しましょう。
④ほとんど履いていないけれど捨てるのを迷ったら、リサイクルショップやフリマ用に分けておきます。

下駄箱にスッキリ収納した後は

出しっぱなしをなくしたら、玄関に花や絵を飾りましょう。家に帰ってきたときに1輪の花が迎えてくれる、ほっとする瞬間です。

 

■2.リビングは「あるべきもの」だけを残す

年末にやっておきたい、リビングの簡単なお片付けのポイントをご紹介します。リビングに「あるべきもの」「移動すべきもの」に分けていきましょう。

「あるべきもの」をピックアップ

①リビングに「あるべきもの」とは、みんなで使う場所であるリビングに置いたほうが便利な文房具・薬・本・CD・DVD・書類・雑貨等です。
②「あるべきもの」は、使用頻度や目的などでグループに分けて、指定席を決めて収納します。あまり完璧をめざさず、ざっくり分ける感じで良いですよ。
③お子さんが小さい時など、リビングで勉強や着替えをしたり遊んだりする場合は、コーナーを用意して他の場所に拡がらないようにしましょう。

「移動すべきもの」をリビングから無くす!

①家族の私物はそれぞれの部屋に戻しましょう。
②床置きの物やソファに置きっぱなしのものを無くしていくことから始めると良いでしょう。

 

■3.キッチンは、ストック食品の整理を中心に

年末のキッチン整理は、特にストック食品の整理をやりましょう!家族が集まる年末年始は、冷凍庫の空き場所を増やしておくと役立ちます。

ストック食品のお片付け手順

①ストック食品をすべて出して、古いもの・賞味期限切れのモノは即処分、使いかけの粉モノは瓶などで保存しましょう。
②忘れずにラベリングをして、グループ別に収納します。

特にやっておきたい所は冷凍庫!

冷凍庫出典:http://cataso.jp

特に冷凍庫は年末に片付けておきたい場所です。

①冷凍庫の中身をすべて出して、古いものや、使い切っていないものなどはなるべく処分して、新しいものを入れるための場所を確保しましょう。
②溜まってしまった保冷用品は、決めた個数だけ残してあとは処分します。

 

「年末に運気を上げるお片付け」いかがでしたか?主に3つの場所についてお伝えしました。お片づけをしていくと、汚れが気になり、一緒にお掃除を始めたくなります。メラミンスポンジや歯ブラシなどお掃除グッズも用意して片付けていくと、掃除をしながら進めることもできますよ。

(著:大杉 悦子)

大杉 悦子
この記事を書いた専門家:大杉 悦子

”収納ダンドリスト”が提案する住まいのトータルサポート

住まいの仕事をする中で多くの収納悩み人に遭遇!”整理収納アドバイザー”として、あなたの一歩を踏み出すお手伝いをします。
ブログ:花便り

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!