小学生のうちに習慣付け!親子で「学期末整理」のすすめ

青山順子

青山順子

整理収納アドバイザー・親・子の片づけマスターインストラクター

main出典:http://cataso.jp

2学期も終わり、子供達の冬休みが始まるこの時期、「学期末整理の日」を作ってみませんか?できれば、終業式のすぐ後、お天気の良い日がおすすめですよ。

持ち帰った学用品の整理をしながら、同時に新学期の準備も済ませてしまう方法です。頭の中も部屋の中もスッキリして、長い休みを計画的に過ごせます。

 

スポンサードリンク

 

■1. 手紙にしっかり目を通す

終業式で持って帰ってくる手紙には、休み中の宿題や過ごし方など大切なおしらせがあります。学期末整理の日にプリントにも目を通し、宿題や新学期の持ち物を確認しましょう。

この時に解りにくい点があっても、子供が先生から言われたことをまだ覚えていますし、整理がスムーズに進みます。終業式すぐに、学期末整理をするメリットの1つです。

■2. 子供と学用品の総点検

持ち帰った学用品を全て出し、子供と一緒に掃除をしながら、破損や紛失がないか点検しましょう。

ポイント①お道具箱や学用品のお掃除は子供自身で

絵の具や書道の道具など、天日干しでカビを防ぎましょう。

ポイント②補充するモノはすぐに準備しておく

短くなったえんぴつや、少なくなった絵の具や墨汁などをチェックして、早めに補充します。その際、ストック用も一緒に準備しておけば、学期の途中で急な買い足しの必要がなくなります。

■3. 新学期すぐ持っていける状態にセット

学用品の整理、補充品が揃ったら、新学期にそのまま持って行ける様、それぞれセットするところまで、やっておきましょう。体操服などもタンスにしまわず、体操着袋に入れ、上履きやぞうきんと共に、いつもの手提げ袋にセットしておきます。

ただ、もし上履きの買い替えを考えている場合は、休みの終わりにサイズを測り、購入する方がいいですね。子供は長い休みの間に足のサイズが変わることがあります。

■4.プリント・作品類の整理

たまっているプリント、作品などをこの機会に整理しておきましょう。予定が修了したプリントはすぐに処分し、テストは、再利用してもいいですね。休み中に間違えたところをやり直してから、処分するのもおすすめです。作品類は残したいモノを厳選しましょう。

■5. 机の上には、休み中の宿題をスタンバイ

宿題を予め確認することで、休みを計画的に過ごすことが出来ます。「あの宿題忘れていた!」なんて慌てずに済みますね。終わった宿題は、新学期に忘れないようにランドセルにしまいましょう。

 

新学期前に準備をしようと思うと慌ただしくなりがちです。長い休み明けは、親も「朝は何時に起きていたかしら?」なんてことも・・・。

我が家では小学校からずっと学期末整理をしています。一日がかりにはなりますが、整理と準備が一度で済みます。子供が成長し学年が上がっていくほど、計画的に長い休みを使い、有効に過ごす必要性が高まります。小学生の時から習慣にできるといいですね。

(著:青山 順子)

青山順子
この記事を書いた専門家:青山順子

整理収納で家も心も身軽に「人生の折り返し整理」

40代~50代は、活動的な年代。人生の折り返しともいえるこの時期に「過去」と「未来」のバランスを見直し、身の回りを整えてみませんか?
ブログ:うさぎのひきだし

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!