面倒くさがり屋さんにおすすめ!片手でパッとつかむ「ワンハンドキャッチ」収納のコツ

佐々木 弓子

佐々木 弓子

整理収納アドバイザー

IMG_6489出典:http://cataso.jp

収納ブームの今日この頃。様々なおしゃれ収納を見かけますが、毎日何度も使うものはすぐに掴めるほうが確実にラクですね。

扉や引き出しの開閉すらストレスに感じる面倒くさがり屋さんに特におすすめなのが、片手でキャッチしてパッと使える「ワンハンドでキャッチ収納」です。片手で確実に掴むためのポイントを抑えて、サクサクスムーズを実感してください。

■1.持ち手が上になるように、立てて収納

IMG_6487出典:http://cataso.jp

ワンハンドでキャッチしたいわけですから、持つ方を上にして、立てて収納するとパッと掴んで使えます。特に菜箸や箸などは、立てて収納すると、長さや柄も一目瞭然。使いたいものがすぐにキャッチできます。

■2.使うものだけに厳選する

IMG_6490出典:http://cataso.jp

あれもこれも入れてしまうと、ワンハンドでキャッチは難しくなってしまいます。毎日必ず使うものだけに厳選して収納することが鉄則です。余計なものは取り除きましょう。

■3.よく使う場所、使いたい場所に置く

せっかく使いやすい収納にしても、置く場所が微妙だと使い勝手が悪くなります。必ず、よく使う場所や使いたい場所に配置しましょう。また落ちたり倒れたりしない、しっかりと安定する状態にすることもワンハンド収納の必須事項です。

■4.右利き?左利き?シュミレーションをして配置する

IMG_6491出典:http://cataso.jp

右利きなのか左利きなのかで、配置は当然変わりますね。また、セットで一緒に使うものがあれば前後の動作次第で収納場所も変わります。大袈裟かもしれませんが、シュミレーションするとより使いやすい収納になります。

■5.見える収納だから、容器も色やテイストも考えて

確実に見える収納になるので、収納するものや収納容器にこだわって、魅せる収納を心がけたいですね。自分が見て、使って、気持ちのいいものにこだわって収納を楽しみたいですね。

 

使いやすいばかりでなく、戻すのが簡単、家族にも親切で、面倒くさがりやさんでもポイントさえ抑えればすぐにできる簡単収納です。全ての収納に導入することはおすすめできませんが、よく使うものだけに絞り、固定概念は捨てて、毎日の動作を意識しながら「ワンハンドでキャッチ収納」をしてみてくださいね。

(著:佐々木 弓子)

佐々木 弓子
この記事を書いた専門家:佐々木 弓子

モノを減らして、モノを照らす整理収納のヘラス☆テラス's

さいたま大宮 3姉妹の母 B型主婦です。モノを減らすことは難しい。大切なコト、モノが見えてくる整理収納を通して全力でサポートします。
ブログ:整理収納のヘラス☆テラス´s さいたま大宮 川越

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!