こまごまお弁当グッズ収納!100均アイテムで簡単便利に解決

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

お弁当を楽しく食べやすくしてくれるお弁当グッズたち。特に小さいお子さんのお弁当には欠かせないアイテムですね。
お弁当グッズは、ピックやバラン、おかずカップなどの他に、キャラ弁を作る時に欠かせない型抜きや海苔用のパンチなど種類も多くこまごましているので収納にも困りますよね。そんなこまごましたお弁当グッズを身近な100均アイテムを使って簡単便利に収納出来るアイデアをお伝えします。 

スポンサードリンク

■1.仕切り付きのケースを使ったピック収納

ピック ケース 100均出典:http://cataso.jp

100均には細かく仕切りの付いた「パーツケース」「仕切りケース」「ピルケース」という商品が売られています。小さいものならピック用に、大きめのケースなら小さな型抜きなどを小分け収納するのに便利です。中に入れるグッズが全て同じサイズとは限らないので、様々な大きさ、長さに対応出来るように、仕切りは固定されているモノよりも組み合わせて中のサイズを変更できるモノがオススメです。
 

■2.メラミンスポンジに差すだけ!アイデア収納

ピック スポンジ

出典:http://cataso.jp

ピックは裁縫道具の針山のように、メラミンスポンジに差して収納するというアイデアです。メラミンスポンジとは、メラミン樹脂を微細な泡状に発泡させて固形化したモノで、水で濡らしてこするだけで汚れを落としてくれるお掃除用のスポンジとして売られています。普通の食器洗い用のスポンジだとピックがうまく刺さらなかったり、逆に抜けなくなったりするのですが、このメラミンスポンジはとてもスムーズに抜き差しが可能です。また、カッターで自由にカタチを変える事ができるので、収納スペースに合わせる事もできます。種類が混ざって探しにくい沢山のピックもこれなら探しやすくて迷子になりませんね!

■3.書類ケースをカップや型抜きの収納に!?

弁当 カップ ケース

出典:http://cataso.jp

カップや型抜きはサイズもバラバラだし形がつぶれないようにするのも大変ですよね。こんなお弁当グッズ収納にピッタリなのが「書類ケース」「ドキュメントケース」という名前で、書類を入れるのに使用するマチのあるプラスチックケースです。主にB5サイズとA4サイズがあります。これを使えばカップや型抜きもカタチがつぶれずに収納出来ますし、パチンと蓋をしめてしまえば立てたり重ねたりする事もできて便利ですよ。蓋が180度全開できるので広げて見渡しやすく、お弁当を作る時にも選ぶ楽しみが増えますね。

■4.プリンカップで簡単収納

弁当 ピック プリンカップ

出典:http://cataso.jp

100均には手作り用の可愛いプリンカップが色々売られています。小さいものから大きなものなど様々なサイズがあります。ピックなどの収納に便利ですよ。こんな可愛いカップなら見た目も楽しくなりますね。お弁当グッズの種類が少ない場合や細かい収納が苦手な方、引出しに収納したい方向けの方法です。これなら種類別に分けて入れただけでいいので簡単に使いやすく収納できますね!

■5.引出しを使った出し入れ簡単収納

弁当カップ 引き出し

出典:http://cataso.jp

引出しに収納する場合のアイデアです。
ここでは、4つの透明な浅い引出し用仕切りケースを並べ、更に残ったスペースに、深めで仕切り位置を変えられるメッシュBOXを置きました。浅いケースには、おかずカップや型抜き、ピックを種類ごとに分けて入れ、深めのメッシュBOXには、大きめのお握り型と海苔パンチを入れてみました。これなら一目瞭然で分かりやすく便利ですね。

●「並べる」「立てる」「仕切る」の鉄則で

引き出し収納は、引出した時に上から見て、全てのモノが一目瞭然で出し入れしやすい事が大切です。上に重ねていくのは下のモノが見えなくなり、使いにくくなるので要注意です。こまごましたモノは仕切りケースやBOXを上手に使って種類別に分けて収納しましょう。

●収納ケースを組み合わせる

引出しの内寸(内側の縦×横×高さ)をキッチリと計測する事が大切です。高すぎると引出しでは使えなくなるので特に注意してくださいね。
新聞紙やチラシなど大きめの紙を使って引出しの中にピッタリはいる型紙を作ってお店に持って行くと便利です。お店で実際に置きながら購入するものを決める事が出来て失敗もありませんよ。

 

身近で手軽な100均アイテムを利用した、こまごまお弁当グッズの簡単収納はいかがでしたか?収納を少し変えるだけでもお弁当作りの時間は短縮できるので忙しい朝には大助かりです。全てに共通しているポイントは「種類別に分ける」「全てがパッと見渡せる」「出し入れがしやすい」事。100均アイテムでなくても家にある空き箱などで代用できるモノもあるので、ぜひ一度ご自宅に合った方法を試してみてくださいね。

(著:井上 知恵子/cataso専門家ライター)

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!