洋服タンスはどれくらい必要?標準的な家庭の保有数を教えて欲しい

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

closet-912694_640

引越しを機に既存の洋服タンスをどうするか、改めて考える方は多いのではないでしょうか。今回は「一般的な洋服タンスの保有数」について質問を頂きましたので、ご紹介します。

【質問】

一般的に、一世帯につき保有している洋服タンスの数はどのくらいでしょうか。引越しを予定しているのですが、今あるタンスを全部もっていくのは難しいです。タンスの中には、現在は着ていない想い出の洋服や子供時代の持ち物なども入っています。

【回答】

片付けのプロとして、多くのお宅を拝見してきた私の経験からお話します。

 

スポンサードリンク

 

■標準的な衣類量とタンスの本数について

標準的な衣類の目安の量は、男性でハンガーパイプ90~120cm幅程度、女性でハンガーパイプ180cm幅程度です。4人家族(大人の男女が各2人)を想定すると、90cm幅の洋服タンスが多くて7本は必要になりますね。

ファッションが大好き、または仕事で多くの服が必要な方の場合は、もっと量が増えると考えて良いでしょう。例えば、洋服タンス8本を置くと考えると、1つの部屋がタンスだけの部屋になる場合もあります。その方が良いという方も多いかもしれません。

■洋服タンスの数よりも大切なこと

洋服の収納に、クローゼットや市販のハンガーラックを使用している家庭もあります。お手持ちの服がカジュアルなものが多い場合は、畳んで引き出しに収納する方が便利です。引き出し式の収納ケースや、整理タンスを利用している方も多いでしょう。

洋服タンスの大きさや仕様は様々です。一般的な洋服タンスの数を気にするよりも、自分がどのように暮らしたいか、ということが大切ではないでしょうか。

 

単純に洋服タンスの本数で衣類の量を測るのは難しいです。引越しを機に、今後の暮らし方を考えてみませんか。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!