「過去の雑誌が捨てられない」そんなアナタに!発想の転換のススメ

川西 由佳

川西 由佳

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

人それぞれ価値観は異なります。古いもの、壊れたものでも、どうしても捨てられないものはありますよね。「捨てられない自分」を責めるのをやめて、発想の転換をしてみませんか。

 

スポンサードリンク

 

■雑誌が捨てられない…

「お気に入りの古い雑誌があるんです。しかも3年分。雑誌は古くなったら捨てるんですよね。でもなかなか思い切りがつかなくて。‥‥捨てなくちゃ、とは思うんですが。」苦しそうに、そうお話くださるお客様に時々お目にかかります。確かに。古くなった雑誌は処分。これは正論です。中身の情報が古くなったら、その雑誌は「情報誌」として価値はありません。

しかし、「自分はこうありたい」「そのときはこんな部屋に住みたい」「こんな風に仕事をしたい」という理想の生活に、その古い雑誌が必要と思うなら、捨てる必要はありません。むしろ、大切に置いておきましょう。次に手に入れようと思っても、二度と手に入らないかもしれませんから。

■手放せないなら、所有できるよう環境を整える

「手放せない」のは、なにかしらの理由があるのです。気がついていないだけで、その存在は、その人の原点だったり、活力の元だったり、心のささえだったりします。

「どうしても手放せない」と思ったなら、この古い雑誌を「所有するための場所」を確保するために、なにか他のものを処分できるか、考えてみてください。優先順位をつけるのです。他のものを処分し、スペースを確保できたらよいのです。大切なものとして、罪悪感なく所有してください。

■電子化でデータだけ残して、処分する選択も

優先順位を付けた結果、手放し難いが「やはり処分しなければ」と思う方には、電子化をお勧めします。「いつか使うかも」と思う方は、必要なところをスキャンし雑誌をデータとして残します。データとして残した後に、紙(雑誌)は処分!これで確実にモノの量が減りますね。

データとして保存する時、必ず検索ワード(タグ)をたくさんつけておきましょう。自分が後々この資料を「どんな言葉で検索するか」を考えてタグをいくつか付けておくと、必要となった時に検索にヒットしやすくなります。

手間と時間がかかりますが、形を変えるだけで所有し続けることができますね。また、電子化することで検索がかけやすくなるため、そのまま保管するより有効に利用できるかもしれません。

 

価値観は人それぞれ。古くても壊れていても、捨てられないものはあります。じっくりとモノと向き合い、それが本当に自分に必要なモノかどうかを考えて、結果「必要」と判断したならば、他のモノを減らすことを考えてみればいいのです。「捨てられない自分」を責めないでください。発想を転換しましょう。

(著:川西 由佳)

スポンサードリンク

川西 由佳
この記事を書いた専門家:川西 由佳

こころや空間をかたづけて「快適で充実したシニアライフ」を

整理収納アドバイザー。きげんよく 齢をかさねるために50代からの"こころ "と"もの"のおかたづけを応援します。

ブログ:おかたづけスタッフの 毎日を豊かに楽しむヒント

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!