溜まった写真をスッキリ!「無印良品のフィルムアルバム」でラクに続く写真整理

中西 彰子

中西 彰子

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

どんどん溜まっていく現像した写真の山を見て、いつかは写真整理しようと思いつつ、腰が重いという方も多いのでは?「きちんとコメントを書いて、写真が劣化しないようにアルバムに貼らないと」と思っていると写真整理のハードルが上がって、ますます億劫になりがちです。
そんな時には「こうしなきゃ」という固定概念を捨てて、自分が続けられる楽な方法に変えてみましょう。

今回は、無印良品のフィルムアルバムを使って、簡単かつスッキリ見える写真整理をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■⒈写真を集め「年度別」に分ける

現像したまま保管していた写真を、まずは年度別に分けていきましょう。写真に撮影日がプリントされてない場合は、行事や旅行先、お子さんの背格好を手掛かりに大体でいいので分けていきます。

分けることが出来たら年度ごとにまとめて○○年とメモをつけておきます。写真の量が多い時は年度に分けるだけで半日ほど掛かる場合もありますので、メモをつけておくと後の作業を別日にする場合に便利です。

■2.更に「月順もしくは季節順」に並べていく

年度別に分けた写真をさらに月順に並べていきます。この時も撮影日が分からなければ、行事や風景、服装を目安にして季節順でいいので並べていきましょう。

■3.古い写真からドンドン差し込んでいきましょう

写真を時系列順に並べられたら、古い写真からフィルムアルバムにドンドン差し込んでいきましょう。

この時に似たような写真が何枚か出てきた時は、一つの差し込みスペースにまとめて入れておきます。「同じような写真でも捨てるのはなんだか抵抗がある」という方も、こうすると捨てなくてもコンパクトに収められます。

■4.集合写真は表紙裏のポケットへ

sub出典:http://cataso.jp

写真整理で困るのは、サイズが大きい集合写真。無印良品のフィルムアルバムは表紙裏にポケットが付いているので、集合写真や後からもらった写真を収める事が出来るので便利です。

 

■5.最後は背表紙に撮影年度をラベリング

sub5出典:http://cataso.jp

すべての写真を差し込めたら、最後は背表紙に撮影年度をラベリングしておきましょう。お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんの名前と○○才という風にラベリングされても分かりやすくていいですね。

 

写真は見返してこそ、その写真に意味が生まれます。溜まった写真を整理するのは少し時間が掛かりますが、負担の掛からない楽な方法にしてみて、ぜひご家族で思い出を語らいながら、写真整理の時間を楽しんでいただけたらと思います。

(著:中西 彰子)

スポンサードリンク

中西 彰子
この記事を書いた専門家:中西 彰子

心地いいお部屋づくりを心を込めてサポート

整理収納アドバイザー。奈良でお片付けレッスンを行っております。片付けやすい仕組みを作ることで、お客様が快適に暮らせるようお手伝いさせていただきます。
ブログ:ここちいいへや

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!