「備え付けの収納スペース」細長い形状のクローゼットの使い方は?

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

細長いクローゼット収納出典:http://cataso.jp

お家によっては「備え付けの収納スペース」が用意されている場合がありますが、中には特殊な形状をしていることも。今回は、”幅が狭く奥行きがある細長い形状”のクローゼットの使い方について、ご相談をいただきましたのでご紹介します。

【質問】

私の部屋には備え付けのクローゼットがありますが、幅が狭く奥行きがあります。どのように収納していけば良いでしょうか?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■使用頻度で手前と奥を使い分ける

クローゼットの中に何を収納したいかにもよりますが、季節家電など頻繁に出し入れしないものを置いて、手前には押入れ収納などでよくある、キャスター付きのワゴンを置いてみてはどうでしょうか?

どうしても直接床にモノを置きたくなりますが、そのまま床に置いてしまうと、手前のモノをクローゼットの外に出さないと奥のモノが取り出せなくなります。こうなると、一度入れてしまうと二度と開けることのない、不要品置き場になってしまう可能性があるので注意が必要です。奥の物も取り出しやすいよう手前の収納を工夫する事がポイントです。

■壁にフックを取り付け、吊り下げ収納も

正確なクローゼットの幅はわかりませんが、あえて大きなモノを収納せずに、壁を使った収納にするという方法もあります。クローゼット内の側面の壁にフックを取り付ければ、掃除用具などを吊り下げて収納することもできますよ。
ただし、その場合には壁収納をしている手前の床にはモノを置かないようにして、人が通れるように開けておく必要があります。

 

奥行きがあるクローゼットはどう収納するか難しいですが、何をどのように収納したいかによってクローゼットの使い道が決まってきます。そのクローゼットのある位置や何を入れたら使いやすくなるか、も合わせて考えてみられるといいと思います。便利に使いこなせるよう、色々試してみてくださいね。

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!