「捨ててほしい」は禁句!?不要品をもらってきてしまう家族への対処方法2つ

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

dining-room-1158266_640

今持っている物も片付けられないのに、外から物をもらってきてしまい、手放すこともできない。そんな方が周りやご家族にいらっしゃいませんか?物を溜めこんでしまう方への対処方について、ご相談をいただきましたのでご紹介します。

【質問】

家族が、知り合いの方から不要になった物や洋服を「断れない」と言って、どんどんもらってきます。既に持っている洋服や物も片付けられず、捨てることもできていないので、物が増えるばかりで困っています。物を片付けられないならば、今後一切もらってきてほしくありません。「捨ててほしい」と言っても捨ててくれず、ケンカに発展してしまいます。どうしたら良いでしょうか。

【回答】

自分で片付けられないのに構わずに物をもらってきてしまう。私のクライアントさんのご家族にも、そのような方がいらっしゃるケースがあります。このような場合は、私は2点をアドバイスしていますので参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

 

■対処方法①「捨ててほしい」は禁句

アドバイスの1点めは、「捨ててほしい」を禁句にして言わない、ということです。片付けられないのに物を増やしてしまうご家族がいると、厄介だと感じるでしょう。しかし、そのご家族も考えがあって行動しているはずです。あなたには価値のない物にみえても、ご家族にとっては、とても価値のある物かもしれません。

それを察することなく「捨ててほしい」と言う行動は、相手を「嫌」と頑なにさせることに繋がります。「捨ててほしい」と繰り返すほど、逆効果になる可能性があります。そのため「捨ててほしい」は禁句にして、言葉にしないことが大切です。

■対処方法②妥協できる「ボーダーライン」を探る

アドバイスの2点めは、お互いが妥協できる「ボーダーラインを探る」ことです。まずはご家族同士、心を開いて話ができる場を設け、あなたが「どうして片づけたいのか、片づけてどのような暮らしにしたいのか」を伝えて下さい。現在、物の片付けに関して困っていることを伝えても良いですね。そして大幅に譲って、物をもらってきてしまう行動を「否定するつもりはない」と伝えて、あなたの「片付けたい」という気持ちも理解してもらえるようにしましょう。なんとか理解が得られたら、お互いに妥協できる「ボーダーライン」を具体的に話してみて下さい。

「こちらの部屋の中であれば自由に物を置いてもらってもOK」「だけどリビングや他の部屋に物を持ち込むのは止めてもらいたい」というように、具体的に提示して下さい。家の中に物を置くためのスペースはないとお考えならば、外部のトランクルームを借りたり物置を設置することも提案してみてはどうでしょうか。ご家族の行動を認めながら、これ以上、物が家の中に散らかっていくことをくい止められるように働きかけてみてください。

 

この方法で全てが解決しないかもしれません。根気が必要だと思いますが、慌てず、ご家族の様子をよく見ながら片付けを進めていってください。

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!