片付け苦手を克服したい!感覚はそれぞれ「自分に合った収納方法を」

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

elegant-room-1129795_640

自分は上手く片付けられない、片付けが苦手だ、と思い込んでいませんか。友達を呼べるように一人暮らしの部屋をキレイに片付けたい、とお悩みの方からご相談をいただきましたのでご紹介します。

【質問】

子供の頃から上手く片付けができず、親に叱られていました。独立して暮らし始めた現在も、やはり片付けられず、部屋中散らかっています。

特に困っているのが、手が届く場所にいつも出したままになっているコスメや保湿用クリーム、ヘアケア用品です。ベッドの下の引き出しも何を収納すればよいのかわからず、空いています。キッチンのシンク下の収納スペースは、不潔な感じがして使用することができません。シャンプーやハンドソープなどの詰替え用ストックは、クローゼットの下の部分にとりあえず入れています。

今のだらしない自分を変えて、部屋を片付けて友達を呼びたいのです。どこから手を付けたらよいのか教えて下さい。

【回答】

子供の頃に「片付けられない」と叱られていたのですね。おもちゃを出しっぱなしにしたり、何かモノを溜めたり、という行為がだらしなく見えたのでしょう。親からの叱責がコンプレックスになってしまっているかもしれませんが、自分自身が気にならないのなら、他人の価値観に惑わされないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

■自分の感覚を大切に

自分の「片付ける」という感覚と、他人の「片付ける」感覚は、全く異なるものだと考えてください。ご相談の内容から察すると、あなたに合う収納の方法は「出したまま」にすることだと思います。引出しに入れたり、扉付のボックスに収納するのは合わないと感じます。一般的にはそのようなことが「片付け」と思われていますが、あなたに合わないというだけです。

■細かく分けるのを止める

さらにアドバイスしたいことは、「細かく分けるのを止める」ということです。

収納用品は、無印良品のスチールユニットシェルフなど背の高いオープンラックをおすすめします。2本ほどあれば、大まかに分けやすく使い勝手も良い収納が目指せます。突っ張りパーツを使えば、地震への備えも可能です。

このオープンラックに、カインズホームにあるようなカラーコンテナボックスを設置します。お手持ちのコスメ用品などの収納場所にすれば、細かいアイテムも出し入れがラクで、すっきりして見えます。カラーボックスなどよりも、おすすめの収納方法です。

ベッド下の引き出しは湿気を帯びる場合もあるので、洋服は入れず、シーツなどのストックを収納するのがおすすめです。

■自分に合う方法で収納する

jar-791183_640

オープンラックにキッチン家電を置いても良いですよ。クローゼットに収納しきれない洋服も、オープンラックにハンガーバーを付けると掛けられます。棚に畳んだ洋服を積み重ねてもOKです。

キッチンのシンク下の収納スペースには、ゴミ袋、食器洗い洗剤などのストックを入れましょう。はじめは詰め込んでもOKです。自分に合う片付け方が理解できてきたら、シンク下に伸縮棚を設置したり、100均の便利アイテムを使用してみても良いですね。「収納を集約する」と考えて、片付けておきましょう。ざっくりと大まかに、出し入れがラクな収納を心掛けてみて下さいね。 

 

ご相談者様は、だらしない人ではないと思います。「キッチンのシンク下は不潔な感じがする」と書かれているように、潔癖なところがあるのではないですか。

片付けが苦手だとおっしゃる方は几帳面すぎるところがあるのです。ご自分が気になる部分と他の方が気になる部分が異なるため、片付ける方法がわからなくなるのです。他の方がどう感じているか、「普通」はどうなのか、などは気にせず、自分に合った方法で収納することをおすすめします。

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら