ミニマム目指すなら「キッチンの水切りラックと洗い桶」は不要?

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

ce698d0f116700598e112e2280cc16d7_s出典:http://cataso.jp

ミニマリスト(必要最小限のモノで暮らす)がブームになっています。

モノをミニマム(最小限)にするためには「より多くのモノを減らせば良い」と考えておられる方もいらっしゃるのでは?モノを減らすだけでなく「必要最小限」という言葉がポイントです。本当に必要なのであれば、手元に残るモノが多い・少ないは、人それぞれ。自分の暮らしに合わせて「必要なモノを選び取る」という考えが大事になります。

今回は我が家のキッチンをモデルケースにして、その考え方をお伝えしたいと思います。キッチンには三角コーナー、水切りラック、水切りカゴ、洗い桶にキッチンマットなど、お片付けのプロの中でも「いる・いらない」で意見が分かれるモノが沢山あります。皆さんはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

■何故必要なのか?を考えてみる

sub_02出典:http://cataso.jp

我が家は、キッチンマットと三角コーナーは置いていません。それ以外のモノは全てあります。その理由をご紹介します。

●三角コーナー●

我が家は、深型の排水溝なのでそこを三角コーナー変わりに。ストッキングネットでゴミを受けて、毎日頻繁に取り替えています。シンクを広く使う為の一工夫なのです。それに三角コーナーは常に清潔にしておきたいアイテムなので、一つでも掃除するモノを省きたかったのも大きな理由です。

●キッチンマット●

キッチンマットは頻繁に洗い変える事が出来なければ、逆に雑菌の温床となり不潔です。洗う手間と洗い替えマットの収納スペースを省きたかったのが、キッチンマットを敷いていない理由です。ただ、マットが無いと足元が冷た過ぎると感じる方もおられるでしょう。床素材が固い場合には、お皿などを落とした時のクッション材としてマットを敷きたいケースもあります。よって、あってもなくても「どちらも正解」です。

●水切りカゴ●

我が家では、水切りカゴは手放せないモノの一つです。食洗機だけでは足りないし、すぐに拭く事も面倒でなりません。「吸水タオルを敷き、洗った食器を並べ、すぐに拭いて収納する」という方法もありますが、食器量を考えると、家族が多い我が家では難しいです。並べる広さが足りず、崩れて食器が割れてしまう危険性が高いのです。子ども達にもお手伝いしやすい事を考え、水切りカゴは使用しています。

■悩むモノは「お試し期間を設けて」答えを出す

sub_01出典:http://cataso.jp

調理スペースが狭いため、スペースを広げる為に購入した「水切りラック」。布巾の漂白や食器の浸け置きで毎日使う「洗い桶」。我が家では必須アイテムなのですが、シンクを狭くしてしまうデメリットもあります。ホットプレートなど大きなモノを洗う時に邪魔に思うこともありました。

そこで、要・不要を見極める為、しばし使わないテスト期間を設けてみました。1週間無い状態で過ごした結果、やはり我が家には必要だと分かりました。

■モノと向き合えば、暮らしに合った使い方やアイテムが見えてくる

sub_03出典:http://cataso.jp

必要と選択をした洗い桶と水切りラック。その後、洗い桶は、邪魔な時だけ別の場所へ移動するよう使い方を変え、水切りラックは、調理中は広げて洗い物の時は畳めるタイプにアイテムを変更する事にしました。これでプチストレスがグンと減りました。

洗い桶もいずれ買替えたいアイテムです、今回しっかり向き合った事で、どういったタイプのモノに買替えればいいのか?という事が明確になりました。

 

必要なモノを見極める為に、モノと向き合い、考え、試す。アイテムをより使いやすいモノに変更する、使い方を変えるなど、プロは日々試行錯誤を続けています。本当の意味でのミニマムは、モノが少ない事ではありません。「自分にとって家族にとって本当に必要なモノが、最適な状態で所有出来ているかどうか?」という事になります。悩むモノがあれば、是非お試し期間を設けてみてくださいね。

 

(著:井上知恵子)

スポンサードリンク

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!