バッグ・イン・バッグでは片付かない?「整理収納は脳が喜ぶ」方法で

佐々木 ゆみか

佐々木 ゆみか

大人のインテリアと暮らしコンサルタント

bag-1050595_640

同じ「整理収納用品」を使っても、すごく便利で使いやすい!と感じる方と何回チャレンジしても挫折してしまう方がいます。それは収納方法に対して、脳の感じ方が違うからです。ここでは、小さな整理収納空間、バッグの収納方法で考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

■便利な「整理収納用品」がストレスの元になる事もある

例えば、トートバッグの中を整理する時に使える収納用品に、バッグ・イン・バッグがあります。最近、オーガナイズ用品(整理し整える)としてよく推薦されています。一箇所にまとめて収納できるので、バッグを入れ替えるときも、このバッグ・イン・バッグを1つサッと移し替えるだけで済み、とても便利です。ただ一方で、返って面倒と感じ、使いこなせない場合もあるのです。この違いは何でしょうか?

■バッグ・イン・バッグを使いやすく感じるのは「定位置管理」が得意だから?

名称未設定出典:http://cataso.jp

バッグ・イン・バッグはポケットが複数あり、何をどこに収納するか、場所をあらかじめ決め、使用したらその場所に戻すのが基本です。これは決められた場所にモノを保管する「定位置管理」です。お財布やスマホ、化粧品がこの仕切りバッグひとつで管理できます。この方法が得意な方は、とても使いやすいと感じる収納用品です。

■定位置に戻すのが苦手なら「グルーピング」収納を

しかし、バッグ・イン・バッグの様な収納方法をストレスに感じる方がいることも事実です。例えば、バッグのような小さな空間で同じ場所に戻すのは面倒、化粧品はやはりポーチでまとめたい、いつもバッグ・イン・バッグを収納できるバッグを使用するわけではないなど…。

使う目的ごとに、ボーチにまとめて収納

sub2出典:http://cataso.jp

このような方は、グルーピング収納が向いているかもしれません。これは、同じ用途のモノをグループにまとめて管理していく方法です。ここでは、ポーチを使用し、使う目的ごとにそれぞれポーチにまとめていきます。ポーチは好きな形・色を使用して頂いて構いません。

「色や形が違う」ポーチにすれば、取り出しも苦にならない

sub3出典:http://cataso.jp

この方法はバッグ・イン・バッグとは違い、複数のポーチが必要になる為、取り出しが面倒では?と感じるかもしれません。しかし、「色や形が違う」ポーチを使用する事で、「視覚による2つの刺激」から脳に働きかけて、簡単に必要なポーチ、ひいてはモノを取り出すことが出来ます。バッグ・イン・バッグで上手くいかなかった方は、一度お試しください。

 

いかがでしたか?整理収納の方法は一つではありません。色々な本やブログを読んで試してみても上手くいかないのは、その本やブログの書き手と自分のライフスタイル、そして脳の感じ方が違うからです。憧れは憧れとして、自分のライフスタイルに合う「ストレスの溜まらない整理収納方法」が見つけられるよう、楽しみながらチャレンジしてください。

(著:佐々木ゆみか)

スポンサードリンク

佐々木 ゆみか
この記事を書いた専門家:佐々木 ゆみか

おとなのライフスタイル全般をご提案します

お片づけは持続しなければ意味はありません 。まずは思考を少し変えて頂くだけでお部屋はきっと輝きだします。その後に素敵なインテリアを目指しましょう。

ブログ:美思考の整理術〜アンベリール〜putimomのきままな整理収納

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!